2015年6月~2016年5月のブログ
http://kenfee.webcrow.jp/blog/archive.html
2015年6月~2016年9月のブログ
http://ameblo.jp/kenfee-jp/entrylist.html

カテゴリ:

土曜日の夜に嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」が放送されていますが、教育改革の一環として取り入れた「アクティブラーニング」を行った初日に生徒から「数学ってなぜ学ぶんですか?会社で二次関数とか使わないですよね。」という質問があり、これを機に数学・英語・理科・社会・国語の全教科の学ぶ意義について考えてみたので綴ることにしました。今回は国語編。


古文漢文が苦手だったという人は少なくないのではないでしょうか。言葉も今と違うし、英語と違って今使えるわけでもないので、学ぶ意義を感じられないのも無理はありません。現代文も、文章中に傍線が引いてあって、「ここでの作者の気持ちは?」と聞かれ、1つの答えを書かなければいけません。文章を読んだときの感想は千差万別なので、1つしか答えがないことに対して違和感を覚えたことがあり、国語は苦手分野のひとつでした。

ですが、いまになって思うと、作者が込めた意図を読み取ることは、エッセイ・論文・小説を読むうえで必要だと分かってきました。また古文漢文も、ただ歴史を学ぶだけでは見えてこない文化の一面を理解するためのものだったんだと気づきました。昔の文化を知ることで、今の文化が理解できます。

現代文を学ぶ上では、なぜ設問の答えがこうなるのかを文章構造から考えて取り組んだり、古文漢文を学ぶ上では、資料集などと照らし合わせながら当時の暮らし・文化をイメージするように心がければ、社会に出た時に国語を学ぶ意義を感じることができるでしょう。

カテゴリ:

土曜日の夜に嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」が放送されていますが、教育改革の一環として取り入れた「アクティブラーニング」を行った初日に生徒から「数学ってなぜ学ぶんですか?会社で二次関数とか使わないですよね。」という質問があり、これを機に数学・英語・理科・社会・国語の全教科の学ぶ意義について考えてみたので綴ることにしました。今回は理科編。


数学編では「数値を論理的に導出する」プロセスが社会では必要になってくると書きましたが、身の回りのものは数値で表されていないものも多いでしょう。どうやったら身の回りのものを数値で表せるか、それを考えるのが「理科」です。物理では運動や力、熱、電磁気についての現象を数値化し、化学では身の回りの物質や反応についての減少を数値化、生物は遺伝や生態についての現象を数値化、地学は宇宙や地球についての現象を数値化します。これらは研究に直結するので、理系の学生にとっては必須の学問ですが、それ以外の人も「現象を数値化」するプロセスは欠かせません。

例えば、「○○までにこれを達成せよ」という目標と期限が与えられることは定石ですが、その時に具体的なタスクをイメージして期日を細分化しなければなりません。また現象を数値化できないと、数値で説得することは不可能です。物理・化学・生物・地学を学ぶ上で、「現象を数値化」することを意識して勉強すれば、社会に出た時に理科を学ぶ意義を実感できるでしょう。



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中



●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる








カテゴリ:

土曜日の夜に嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」が放送されていますが、教育改革の一環として取り入れた「アクティブラーニング」を行った初日に生徒から「数学ってなぜ学ぶんですか?会社で二次関数とか使わないですよね。」という質問があり、これを機に数学・英語・理科・社会・国語の全教科の学ぶ意義について考えてみたので綴ることにしました。今回は英語偏。


少子高齢化による労働人口と消費人口の減少

これから日本はますます少子高齢化が進みます。これは悪いことでなく、発展を遂げた国では人口が減っていくのは当然の流れです。ヨーロッパ諸国を見ればわかるでしょう。紀元前数千年前から文明として世界で最も栄えてきましたが、今はどの国も人口が数千万人と、世界の中で人口割合は少なくなっています。もともと人口が増えるのは発展しているときです。1か月先や1年先にはもっと発展して豊かになっている保障があり、また発展に必要な労働力として人口が増えてきました。しかし、これからはヨーロッパと同じく、日本も緩やかな人口減少を迎えることになります。すると、労働力を補うために外国人も採用せざるを得なくなり、消費人口を求めて海外進出することが当たり前のようになります。


隣に外国人がいるという現実も遠くない

海外進出する際に外国に派遣される場合だけでなく、国内にいても労働力不足のため外国人労働者が増えるでしょう。いずれにせよ、ほとんどの人は外国人と働くということになります。東京などでは外国人が多く、隣に外国人がいるというのも当たり前の光景になっていますが、それが全国的に広まってくると思われます。そうなると、日本語だけ話せてもコミュニケーションが取れなくなってくるでしょう。英語を使って発信する、あるいは英語を聞き取って理解することが必要になってきます。将来、そのような状況が来ても困らないために、英語の学習は欠かさずやっておきたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×