2015年6月~2016年5月のブログ
http://kenfee.webcrow.jp/blog/archive.html
2015年6月~2016年9月のブログ
http://ameblo.jp/kenfee-jp/entrylist.html

カテゴリ:

先日の2017年10月22日は、第48回衆議院議員総選挙投開票日です。

皆さんは投票に行かれましたか?

僕は1年前の参議院議員選挙には行けなかったのですが、今回は、とある制度を利用して投票に行っていきました。その制度とは、


「不在者投票制度」


おそらく「期日前投票制度」の方が馴染み深いのではないかと思いますが、「不在者投票制度」とは、選挙期間中、仕事の都合で住民票のある地域から離れている場合や、入院などで外出できない場合に、近くの選挙管理委員会や病院で投票ができる制度です。僕の場合は、住民票を移していなくて、選挙のときに住民票のあるところに戻るのは時間とお金がかかるため、最初は諦めていましたが、選挙に参加するのは国民の義務であり、参加しなくて不利な立場に置かれても文句言えないと思ったので、不在者投票用紙を取り寄せて、投票することにしました。

期日前投票が「投票日に行けない理由」を書かされるように、不在者投票も「なぜ不在者投票するのか」を書かされます。ただ、期日前投票と同様に選択肢から選ぶだけなので、深く追求されることはありません。

ひとつ面倒なのは、郵便で申請書を送って、投票用紙を簡易書留で受け取らないといけないことです。簡易書留なので配達されるときには、家や宿泊先にいなければならないのがネックです。マイナンバーカードがあれば、国政選挙に限って、全国どこの選挙管理委員会に行っても投票できるようにならないかなぁ。それかネット投票が実現しないかなぁ。

いづれにせよ、住民票移していない大学生や、一時的に出向しているサラリーマン、全国を飛び回って活動されている方も、この制度を利用して投票に行ってみてはいかがでしょうか?


【要約】小池百合子さんの知られざる半生《後編》

カテゴリ:

前回、希望の党の党首と東京都知事を兼任している小池百合子さんの半生について、News Picsの方で特集がされていて、とても興味深かったので、備忘録も兼ねて共有したいと思い、第1回~第5回までの要約を記載しましたが、今回はその続きの第6回以降の要約を書いていきます。

関連記事
東京都知事・小池百合子の知られざる半生
【要約】小池百合子さんの知られざる半生《前編》



以下、僕がまとめた要約(第6回~第10回)になります。


第6回:カイロ大学卒業後、アラビア語の通訳をしていた小池氏は、26歳の時にカダフィ大佐の単独インタビューを取り付けることを任されたという。アラビア語を使ってリビア外務省の役員と仲良くなり、地道に作った人脈を通じて最終的にはカダフィ大佐の単独インタビューに成功。彼女は自分が目的が決まれば一心不乱に邁進できる性格だと分析する。

第7回:小池氏は、カダフィ大佐の単独インタビューに成功したことをきっかけに、テレビの世界に飛び込み、35歳の時に自身がメインキャスターのレギュラー番組を持つ。これらの番組でビジネスや政治など様々な分野のたくさんの人をゲストに迎え、たくさんのことを学んだという。これらの経験から、彼女は「鳥の目」のように広く世界を見ることの重要性を感じている。

第8回:1992年、番組の取材を通じて出逢った細川氏から出馬を打診されたという。そしてメインキャスターを務める番組を突然降板し、参議院選挙に出馬することになり、結果は見事当選。政党の離合集散が続く中で、小沢一郎氏について保守党へ移る。その後、2002年保守党を離党して、自由民主党に入党し、2003年に小泉内閣で環境大臣に任命され、入閣を果たす。

第9回:クールビズを仕掛けた小池氏は、政策実現には「大義と共感」が必要だという。まず大義がなければ政策にはならない。しかし大義だけ振りかざしても誰も見向きもしてくれず物事は動かない。クールビズは、地球温暖化という大義のもと、夏は軽装にして涼しく過ごしたいという共感が得られたため、うまくいったと彼女は分析する。

第10回:小さい頃から人と違うことを勧められた小池氏は、みんなが当たり前と思っていることに新しい種があるという。たとえ周りと衝突しても、その先を見据えているため、批判を気にせず前に進めるのだとか。何がしたいのか、今どこに立っているのかを把握したら、戦略をたてて挑戦するという小池氏は、たとえ失敗しても自分で責任を取ればいいと、とうに覚悟はできているようだ。




様々なことを仕掛けてきた、小池百合子さん。

果たして明日に迫った衆院選でどこまで票を集められるか?!

そして、その後の都政および党運営をどうしていくのだろうか。

そんなことを楽しみにしながら、開票結果を待ちたいと思います。





【要約】小池百合子さんの知られざる半生《前編》

カテゴリ:

明後日投開票が行われる「衆議院議員総選挙」で話題を呼んでいる『希望の党』。希望の党の党首と東京都知事を兼任している小池百合子さんの半生について、News Picsの方で特集がされていて、とても興味深かったので、備忘録も兼ねて共有したいと思います。

関連記事
東京都知事・小池百合子の知られざる半生


以下、僕がまとめた要約(第1回~第5回)になります。


第1回:今、衆院選で国政政党「希望の党」を立ち上げた小池百合子氏。彼女は兵庫県芦屋市に石油事業を営む父と母、兄の4人家族で育ち、大学進学の際にはエジプト・カイロ大学に進学。その後、26歳でカタフィ大佐の単独取材に成功し、39歳で参院に当選。50代で環境大臣、防衛大臣を勤め、現在は東京都知事として都民のために尽くしている。

第2回:小学時代やっていたガールスカウトでの教えのうち「備えよ常に」が彼女の座右の銘になっているという。また小6のときに練習を積み重ね、当日熱が出ても弁論大会に参加し1位を取ったことから、自分を負けず嫌いだと分析する。中学に上がり、小遣いの中からやりくりして授業料を支払っていた小池氏は、そのときに英語が好きになり、通訳の仕事がしたいと思うようになる。

第3回:アポロ11号の月面着陸の時の同時通訳を目の当たりにして、通訳者になることを諦めた小池氏。しかし、世界を舞台にしたいという思いはずっとあり、その根源にあるのは祖父と父だという。祖父はアメリカで貿易を学び、帰国後海運会社を興した。アメリカでの祖父の写真がクールビズのヒントになったという。父は石油の仕事でオランダやアラブ諸国に行い、よく仕事や海外の話をしていたそうだ。

第4回:英語以外にプラスαとなるものが必要だと感じた小池氏は、アラビア語を習得しようとエジプトのカイロ大学に進路を決めた。彼女は春にとりあえず関西学院大学に入学して、あ秋にカイロ大学に入学し直す予定だったが、父の圧力もあり、半年も経たないうちにエジプトへ飛び立ったという。エジプトで工夫して生活していた彼女は世界中のどこででも生きていけると話す。

第5回:アラビア語での授業には苦戦し、試験シーズンには詰め込んで勉強したという小池氏は、この頃から「傾向と対策」の分析や戦略が身についたと話す。また進級すると高い場所で叫ぶ儀式を行うなど、自分なりのリズムを維持し、モチベーションを高めたという。このようなモチベーション維持は現在も行なっており、自分をエンカレッジして、目標達成のために日々精進している。

このページのトップヘ

見出し画像
×