カテゴリ:

最近、ココナラっていうサービスをよく利用するようになりました。たとえば対談企画の音声を文字起こししたり、アイコンを制作してもらったりとお世話になっています。ココナラを使ってて、ふと得意な人に任せた方が効率もいいし、自分の時間を他のことに使えるなぁって感じました。
僕がココナラを使って外注したのは、

①井口さんとの対談企画の文字起こし
②TwitterやYouTubeのアイコン
icon2

※サナデココさんに制作していただきました


関連記事
スキルマーケット「ココナラ」で出品してみよう



今までは外注といえば、B to B(ビジネスtoビジネス)でしたが、これからはC to C(ユーザー同士)の外注が増えていくような気がしました。というのも、在宅ワーク系のサービスが増えて、空いている時間に、自分の得意なことで稼ぐのが当たり前になりつつあります。逆に言えば、誰かの得意を気軽に利用できるということです。僕の場合は、音声の文字起こしやアイコン制作を、自分でするより得意な人にやってもらった方が、かかる時間も短く、いいものができました。すべて自分がしていたら、その5倍以上時間がかかっていたように思います。

でも外注が難しいのは、必ずしも思い通りにならないこと。こちらがイメージしているものと制作者がイメージしているものでは、見ているものや経験が違うので、異なってきます。

誰でも外注でき、誰でも引き受けられるような世の中では、自分の思っている、考えていることを相手に伝えるコミュニケーション能力が今以上に必要不可欠になってくるのかもしれませんね。





■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる