カテゴリ:

前回、希望の党の党首と東京都知事を兼任している小池百合子さんの半生について、News Picsの方で特集がされていて、とても興味深かったので、備忘録も兼ねて共有したいと思い、第1回~第5回までの要約を記載しましたが、今回はその続きの第6回以降の要約を書いていきます。

関連記事
東京都知事・小池百合子の知られざる半生
【要約】小池百合子さんの知られざる半生《前編》



以下、僕がまとめた要約(第6回~第10回)になります。


第6回:カイロ大学卒業後、アラビア語の通訳をしていた小池氏は、26歳の時にカダフィ大佐の単独インタビューを取り付けることを任されたという。アラビア語を使ってリビア外務省の役員と仲良くなり、地道に作った人脈を通じて最終的にはカダフィ大佐の単独インタビューに成功。彼女は自分が目的が決まれば一心不乱に邁進できる性格だと分析する。

第7回:小池氏は、カダフィ大佐の単独インタビューに成功したことをきっかけに、テレビの世界に飛び込み、35歳の時に自身がメインキャスターのレギュラー番組を持つ。これらの番組でビジネスや政治など様々な分野のたくさんの人をゲストに迎え、たくさんのことを学んだという。これらの経験から、彼女は「鳥の目」のように広く世界を見ることの重要性を感じている。

第8回:1992年、番組の取材を通じて出逢った細川氏から出馬を打診されたという。そしてメインキャスターを務める番組を突然降板し、参議院選挙に出馬することになり、結果は見事当選。政党の離合集散が続く中で、小沢一郎氏について保守党へ移る。その後、2002年保守党を離党して、自由民主党に入党し、2003年に小泉内閣で環境大臣に任命され、入閣を果たす。

第9回:クールビズを仕掛けた小池氏は、政策実現には「大義と共感」が必要だという。まず大義がなければ政策にはならない。しかし大義だけ振りかざしても誰も見向きもしてくれず物事は動かない。クールビズは、地球温暖化という大義のもと、夏は軽装にして涼しく過ごしたいという共感が得られたため、うまくいったと彼女は分析する。

第10回:小さい頃から人と違うことを勧められた小池氏は、みんなが当たり前と思っていることに新しい種があるという。たとえ周りと衝突しても、その先を見据えているため、批判を気にせず前に進めるのだとか。何がしたいのか、今どこに立っているのかを把握したら、戦略をたてて挑戦するという小池氏は、たとえ失敗しても自分で責任を取ればいいと、とうに覚悟はできているようだ。




様々なことを仕掛けてきた、小池百合子さん。

果たして明日に迫った衆院選でどこまで票を集められるか?!

そして、その後の都政および党運営をどうしていくのだろうか。

そんなことを楽しみにしながら、開票結果を待ちたいと思います。