アーカイブ

2017年04月

じぶん銀行の「スマホATM」を使ってみた

カテゴリ:

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で出資している「じぶん銀行」で、新たな取り組みがありました。昨年11月にauユーザーへの「プレミアムバンク」特典を終了してから、新しいユーザーエクスペリエンス(UX)に力を注ぎ、スマホで銀行手続きが完結できるようなアプリをリニューアルしました。
そのアプリの特徴が
 
1.タイムライン機能
2.取引明細,資産
3.みんなのマネー事情
4.アプリで振込,ATMロック等
 

そして、つい最近、アプリを使って直接ATMで引き出しや預け入れができる「スマホATM」という機能をリリースしました。この機能は、現在、セブン銀行のみにしか対応していませんが、キャッシュカードがなくても、スマホアプリでATMから現金を引き出せたり、預け入れができるため、ATM操作が大変便利になります。


<操作方法>

1:アプリで「スマホATM」を選択すると以下のようなメニューが現れる。

image

2:出金もしくは入金をタップし、金額を指定する。

3:セブン銀行のトップ画面の「スマホATM」を選択し、ATMの画面に表示されたQRコードをアプリから読み取る。

4:アプリ上に表示された企業番号をATM上に入力する。

5:暗唱番号を入力すれば、あとはこれまでと同様に手続きができます。


以上が、スマホATMの操作になります。慣れれば、キャッシュカードを入れるより簡単に操作できるかもしれません。また、じぶん銀行の場合、乱数表がキャッシュカードの裏側に記載されているので、キャッシュカードを持ち歩かない方がセキュリティの観点から良いと思われます。そのため、じぶん銀行ユーザーの皆さんはスマホATMを使った方が良いのかもしれないですね。


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる





 

カテゴリ:

サイバーエージェントが運営する音楽ストリーミングサービス「AWA」を使い始めましたが、無料トライアル期間が終わり、無料会員に格下げになりました。けれども、無料会員でも結構楽しめることに気づき、AWAの無料会員でよく音楽を聴いています。


まず他のサービスと違うところは、曲によっては、ハイライト再生が1分30秒まで聴けること。他のサービスの場合、無料で聴けるハイライト再生はすべて30秒です。AWAの場合、1か月に20時間までという制限はありますが、1曲3分の曲だと半分も無料で聴けてしまうことになります。ただ最新リリースされた曲などは30秒しか聴けませんが...。そんなAWA独自の機能を使って、ハイライト再生でも十分楽しめる曲を集めたプレイリストも多く公開されています。ただ公開されたプレイリストでは、最大8曲までしか聞けないので、自分でそのようなプレイリストを作って聴く方がいいと思います。

というわけで、僕も実際に作ってみました。(※以下のプレイリストには90秒再生できる曲を入れましたが、アプリ以外で試聴すると、30秒しか流れません......。) 


さらに、AWAのアプリでローカルの曲(スマホ本体に入っている曲)を聴いた場合でも、クロスフェードすることができます。これにより、従来の音楽プレーヤーと違った音楽体験が楽しめるようになります。

Xperiaユーザーにとっては、AWAではハイレゾ音源は聴けないので、場合によっては標準の音楽プレーヤーを使うのがいいかもしれませんが、僕はしばらくAWAの無料プランを使っていこうと思います!



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






カテゴリ:

イケダハヤトさんが、こんな記事を公開していました。


この記事の中で、彼は2012年に上げた記事を2016年に手直しして再公開したら、アクセス数が伸びたそうです。彼自身も過去の記事を振り返ってみると、文章がひどいものだったと感じているように、文章を書き始めの頃としばらく書いたあとでは、スキル面で成長しているはずなので、ある程度ブログを更新し続けたら、過去の記事の文章がひどく感じるのでしょう。

企業としてメディア運営している場合は、多くの人の添削や校正、推敲が入っているので、一概には過去の記事だから質が悪いとはいえませんが、個人ブログの場合は、記事の更新年数に比例して文章力が向上するので、過去の記事を手直しすることは有益なのです。

実際に僕も、過去に別のコンテンツとして出していた内容をnoteというコンテンツ公開サービスにて、一部手直しを加えて再公開しました。といっても、過去に出したときにはほぼ誰も閲覧されていなかったので、多くの人にとっては、新しいコンテンツとして映ると思います。初めて半年しか経っていませんが、それでも半年前に書いた文章を見ると、文脈が繋がっていなかったり、言葉の使い方がおかしかったりと見せるのにははずかしい文章になっていました。恐らく、今書いている文章も年月が経つと、同じようなことを思うのかもしれませんが...。

僕がnoteに再公開した記事がコチラ
まだまだnoteに公開していく予定なので、是非フォローお願いします。 



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






郵便局のLINEアカウントから再配達を頼むと超便利!

カテゴリ:

郵便局から簡易書留が届きましたが、不在だったので、再配達を頼むことにしました。以前、LINEアカウントと郵便IDをリンクさせておいたので、今回はそれを使って再配達を依頼してみました。

まず、LINEで郵便局公式アカウント「ぽすくま」と友だちになって、郵便IDとリンクさせます。

_20170405_233346

次に、不在通知が入っていたら、LINEで『再配達依頼』と入力するか、メニューの中から「再配達の申込み」を選択すると、

_20170405_233412

不在連絡票のQRコードの写真を送るように言われ、指示に従うと、

_20170405_233441

_20170405_233502

_20170405_233535

すべて入力し終わると、

_20170405_233605

こんな感じで簡単に再配達の申し込みができました。これまでは、電話をかけて数字を入力していましたが、それがすべてLINE上で完結できて、かなり便利だと思います。あと、QRコードの写真を解析して読み取るのもすごいなぁと感心しました。

でも個人的には、郵便でも宅配便でも、再配達してもらうより、自分で取りに行きたいと思ってしまいます。再配達を頼めるといっても、18時~20時みたいな感じで時間幅が大きく、変に拘束されてしまいます。それだったら、コンビニなどに届けてもらって、取りに行く方が自分の予定に組み込みやすいので、僕は取りに行く場所が遠くない限りは、自分から取りに行く方がいいです。

とはいっても、郵便局のLINEでは他にも「集荷」や「追跡」もできるので、郵便を出したり受け取ったりする際には、LINEも積極的に使っていこうと思います。

口が広いタイプの水筒を使うときの注意点

カテゴリ:

春らしい気候になり、保温・保冷に優れた「サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 350ml ブラック JNO-350 BK」を買いました。冷たいお茶とかスポーツドリンクを外でも飲みたいってときに重宝すると思って買いましたが、6時間ぐらい経っても冷たいままで、この水筒の保冷効果に感心しました。

DSC_0198

この水筒の特徴は、フタが160度回しただけで開けられるということ。160度といってもピンとこないと思いますが、約180度(=半回転)です。半分フタをひねるだけで、簡単に開け閉めができます。しかし気を付けなければならないことがあります。それは、水筒を傾けすぎないこと。飲み口が広いので、傾けすぎると、口で触れたところ以外から液体がこぼれてしまいます。僕も何度かやらかしましたが、そうならないための飲むコツを見つけました。この水筒の特徴は、フタが160度回しただけで開けられるということ。160度といってもピンとこないと思いますが、約180度(=半回転)です。半分フタをひねるだけで、簡単に開け閉めができます。

残りが少なくなって傾けなければ飲めなくなったときには、口を大きく開けて、「中身を口の中に垂らす」感じで飲むといいですよ。とはいっても、まだこぼしてしまうこともありますが...。

DSC_0199



春になり、行楽やピクニックに出かけることが増えるこの季節、保冷効果バツグンの「サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 350ml ブラック JNO-350 BK」を持って出かけてみませんか?また、普段の仕事や学校などに持って行って、飲み物代を節約しませんか?






■□■□■□■□■□■□■


このページのトップヘ

見出し画像
×