アーカイブ

2017年09月

【月額1500円】NewsPicsのプレミアムサービスに加入しました

カテゴリ:

情報アプリ「NewsPics」をご存知でしょうか?様々なニュースと著名人のコメントがチェックできるニュースキュレーションサービスです。ほとんどのニュースアプリは、ただニュースを読むだけですが、NewsPicsはSNS的な機能もついており、ニュースに対してコメントを発信することもできます。

newspics


そんなNewsPicsには、有料記事や対談コンテンツが読める「プレミアムサービス」があります。月額1500円と高めの料金設定ですが、僕も7月16日に課金し始めました。他のニュースアプリで読める情報って、広く出回っているので、探さなくてもいいんですが、NewsPicsの有料記事(特に対談コンテンツ)はネット上に転がっていません。また、新聞を購読すると2000円ぐらいかかるので、月額1500円は新聞を購読する感覚なのかなと思い、課金することにしました。


ブックを読み尽くしたい

僕がNewsPicsに課金して一番読みたいコンテンツが「ブック」と呼ばれるオリジナル記事です。月額1500円払えば、著名人との対談や、NewsPics編集者が独自の視点で取材・執筆した記事がすべて読み放題になります。ですが、月額1500円は結構負担が大きいので、過去のオリジナル記事は早めに読んでしまって、月額1500円分の支出を別のものに充てたいと考えています。過去のオリジナル記事には、例えば


・ソニー改造計画
・ユダヤ最強説
・中学受験の新常識
・INOVATORS TA×LKシリーズ
・INOVATORS LIFEシリーズ  などなど


好奇心がそそられるタイトルばかり揃っています。

これらを効率よくインプットするには、アウトプットが必要なので、オリジナル記事(有料)をひとつ読むごとに、要約と初見を200字程度でまとめていこうと思います。そして、これが5~10本溜まればブログの方で、「NewsPics有料記事の書評」として公開していこうと考えています。

月額1500円払ってよかったと思えるように情報収集し、教養をもっと身につけていきたいです。1500円高いって人に伝わるように書評を書いていくつもりなので、今後ブログで公開した時には是非ご覧いただけると幸いです。

カテゴリ:

9月15日(金)に、auの新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」が、来週発売のiPhone8にも適用すると発表がありました。今回は、これまでの「カケホとデジラ」のプランと比べて、お得なのか調べてみました。

僕は現在、「スーパーカケホ(5分以内の通話がタダになるプラン)」と「スーパーデジラ20(月20GBまでネット使い放題)」のプランに加入しています。そんな僕の通信料金は、


スーパーカケホ基本料 1700円
LTE NET 300円
データ定額20 6000円
故障紛失サポート 380円
auスマートパス 390円
auスマートバリュー -934円

合計 7836円(税抜)


このプランをもとに、新料金プランに当てはめてみると、


auフラットプラン20 6500円
LET NET 300円
故障紛失サポート 380円
auスマートパス 390円
auスマートバリュー -934円

合計 6636円(税抜)


なんと、1か月1200円も得する結果に?!
けれど新料金プランには落とし穴があります。

それは、

〇端末分割払い時の毎月割が適用されない
〇データの繰り越しができない

毎月割廃止の代わりに新プランでは「アップグレードプログラムEX」が導入され、2年後の機種変更を前提に、機種代が最大半額になります。今回の新プランを見て感じたのは、1年および2年スパンで機種変更する人が多いってこと。近い将来、3Dプリンタが当たり前のようになれば、週替わりで端末を変える、そんな未来が来そうです。

またさらに、今機種変更してプランを新プランに変えると、2018年2月以降、機種変更しない限りプラン変更できなくなります。

僕の場合、既に機種代金の支払いは終わっているので、新プランに変えて、通信費を安くしてみようかな?!皆さんも、今回の新プランも検討してみてはいかがでしょうか?



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







「つまらない恋物語なんてない」オオモリヨウヘイの信念

カテゴリ:

8月27日に横浜で出逢ったシンガーソングライター、オオモリヨウヘイ。彼は、「つまらない恋物語なんてひとつもない」をコンセプトに音楽活動をしている。彼が歌う楽曲は、すべて誰かの恋物語。僕が立ち止まって聞いたのは、彼の1stシングル「オレンジジュース」でした。



以下、フライヤー情報を引用します。

オオモリヨウヘイ

1990年生まれ。神奈川県横浜市出身。アコースティックギターの弾き語りがメイン。儚さをのこしつつも力強く温かみのある声色で、バラードやポップスを歌う。ノスタルジックな歌詞やサウンドテイストによるパフォーマンスにはファンも多い。


つまらない恋物語なんてひとつもない

友だちの恋物語は、小説を読んでいるようにドキドキして、応援してみたり、バカにしてみたり、楽しくて楽しくてしょうがなかった。ほとんどの恋はうまくいかない。想いがすれ違い、ぶつかり、なくなってしまう。けれど、そんな恋から教わったこともあった。やさしくあろうとしたこと、たよりになるヒトになろうとしたこと。すべてはその話から始まった。誰かの恋物語を歌にして、届ける。オオモリヨウヘイの信念です。


170916_185427_1


すべての曲が誰かの恋物語なら、「オレンジジュース」も誰かの恋物語ということになり、「どんな人の恋物語なんだろう」「季節はいつかな」など具体的なことも知りたくなりました。例えば、高校生の秋の恋物語で・・・みたいなかんじの情報が知れたら、もっとオオモリヨウヘイさんの曲が楽しめるような気がしました。

皆さんも、具体的な情景を思い浮かべながら、オオモリヨウヘイさんの曲を聞いてみてはいかがでしょうか?


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






カテゴリ:

8月26日に「旅に出ます」と言ってから、3週間が経ちます。旅自体は1週間でしたが、その後ブログを更新するのを怠り、今に至ります。ちょうど1か月前の8月13日に、ブログで「毎日更新していきます」と言いながらも、旅から帰ってきたあとの2週間ブログの更新ができず、申し訳ございませんでした。

関連記事


今回は、旅の様子を近況報告的な感じでコンパクトにまとめてお伝えしていこうと思います。


8月27日(日)
夜行バスで朝、横浜に到着。午前中に24時間テレビの横浜会場に立ち寄り、チャリTシャツを購入。その後、Double Dutch Delight East 2017を観戦しに、川崎市教育文化会館へ。13時開演で20時頃終わり、川崎駅へ向かい、電車で移動。桜木町駅で降りると、「つまらない恋物語なんてない」をコンセプトに活動しているオオモリヨウヘイさんの路上ライブに遭遇し、1曲聞いていくことに。その後、万葉倶楽部に行き、温泉で疲れを落として、翌朝を迎える。


8月28日(月)⇒9月1日(金)
朝、10時に万葉倶楽部を出て、羽田空港へ。昼前に到着し、喫茶店で発表資料の修正。その後、15時頃に研究室のみんなと合流し、17時30分のフライトで函館へ。8月29日~31日まで学会があり、しばらく函館で過ごす。

関連記事



9月1日(金)
13時頃みんなと別れて、函館から札幌へ。特急スーパー北斗で4時間を経て、札幌で活動している「NorthRopes」と出逢い、2時間程フリーロープ。その後、北海道ダブルダッチ協会の方の家に泊めてもらい、1日が終了。


9月2日(土)
午前中、札幌市内でダブルダッチをやっているファミリーの方々の練習場所へ。その後19時頃、札幌駅へ向かい、翌日Double Dutch Delight Northに出場される「さっぽろーぷす」の方々と、一晩かけて苫小牧港からフェリーで八戸港に移動。


9月3日(日)
朝、八戸港(青森県)に到着し、東北新幹線で盛岡へ。Double Dutch Delight North 2017を観戦したあと、すぐに東京へ向かう。なんとか21時東京発の夜行バスに乗り、帰路に立ち、1週間の旅も幕を閉じたのだった。



今回の旅で感じたことを少しでもカタチにしていけるよう、頑張っていこうと思います!カタチになれば、このブログで発信していく予定なので、楽しみにしていてください。



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






このページのトップヘ

見出し画像
×