カテゴリ

カテゴリ:書籍レビュー

カテゴリ:

堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を6つ、「10年後増える仕事」を3つピックアップしましたが、今回はそれ以外で、特に共感した部分を10個紹介したいと思います。

関連記事



今の仕事観ができたルーツ


p14 l6 1780年代のこと。(中略)「人はすべてすべからく社会の中で何かにならなくてはならない」といった思想が生まれた
 

今の仕事観が生まれたのは1780年代で、それまでは君主制(生まれつき地位の高い人に従事)が基本だったといいます。働き方なんて、時代によっていくらでも変わるのだと感じます。



仕事は常に増えたり減ったりしている?!


p15 l13 仕事とは、社会システムの要請によって生まれる
 

確かに落合さんの言う通り、社会システムの要請によって生まれるものなのかもしれない。社会システムが工場での大量生産に支えられた高度経済成長では、工場の労働者が必要とされていたし、インターネットが普及し始めた頃には、IT化が一気に進み、プログラマーが必要とされたようなことがこれからも起こってくるのだろう。



僕たちのほとんどは「生きるために」働いていない


p18 l1 農業は人の手間を減らしながらも収穫量が増えている。
 

科学進歩によって農業の生産量は増え続けているそうで、特にハーバーボッシュ法による「アンモニア(化学肥料)」の大量生産が可能になったあたりから、世界の食糧は爆発的に増加したのだそうです。それから、トラクターなどの機械化が進み、今はAIによる生産管理が行われようとしています。農業従事者は世界でも数パーセントですが、逆を言えば、僕たちのほとんどは生きるために働いていないということになりますね。



幅広いことを経験することが今後活きてくる


p21 l6 今後、テクノロジーが入ってくることで、0.3%の僕と、100%のプロの間のクオリティの差が少なくなる
 

全く経験しないのと少し経験するのでは違います。ほとんどのものは少し経験すれば、ある程度、業界構造や仕事のやり方などが分かってくるので、テクノロジーを活用すれば、完全に慣れて無駄のない動きができる100%の人材と並ぶことができるということだろう。幅広い経験を積んでおくことが、後にテクノロジーを使って、複数のことがこなせる人材になれるのだと思います。



手の生えたAI


p28 l2 歩けるようになると手が自由になるため、多様なインタラクションが可能になる。手でインタラクションができるようになると、知能は向上する。
 

人類がAIに勝っている点は、手を器用に使えること。そもそも、二足歩行により手をインタラクティブに使ってきたからこそ、ほかの生物より知能を向上させてきた歴史を持ちます。その点をAIがカバーし始めると、流れは一気にAIへ進むと考えられます。



機械化のコストVS人件費


p49 l6 人手がなくなれば、なんとか人を集めようとして給料を上げるだろうし、機械化してそもそも面倒な仕事がなくなる。
 

人手不足は、時給を引き上げ、その時給が機械の導入コストを上回った時点で、機械化が進むことを考えれば、やりたくないことをするのは本人にとっても、社会にとっても損になるのだろう。



遊びと仕事の境界線


p60 l14 「機械が指し示した場所に行き、報酬を得る」点で、本質やっていることは一緒だ。つまり「運用」の仕方次第でどうにでもなるということなのだ。
 

確かにポケモンGOとUberの本質は同じ。これが遊びと仕事は運用次第で変わるという典型例なのかもしれない。堀江さんの言っている、遊びが仕事になるというのも、結局は「どう運用していくか」によるものだと思われます。



AI時代のモチベーション格差


p144 l7 何を実現させたいかといったモチベーションは、常に人間の側にある。その達成手段にコンピューティングがあると考えていれば、少なくとも技術に使われるのではなく、技術と人のエコシステムを使う側にいられる。
 

落合さんの言うモチベーション格差とはこのことだろう。そういう観点からも、僕は「こんなことやりたい」「あんなことやりたい」と思う、その心をいつまでも大切にしていたいです。



学んだことは永久に使えるとは限らない


p231 l12 当時24歳の人にとっては9年分の時間があっという間にコモディティ化してしまった
 

僕がどんなに苦労してできたことでも、次の世代の人にとっては簡単にこなしているのが普通かもしれない。でも、そんな彼らも何かに苦労すると思うから、「何に苦労したか」より「苦労してどうした」の方が尊いと感じます。いつまでも年下の人たちと共存するような生き方を選びたいと思います。



すべての行動は1秒1秒の「意思決定」の積み重ね


p239 l9 そんな世の中で過ごしていれば、決定的に意思決定能力が失われるのも無理はないだろう。
 

普段、気づかないところで「意思決定能力」が失われているとすれば、恐ろしいことだなぁ。気づかないうちに、常識や普通を受け入れてしまう前に、日々些細なところから「意思決定」して行動していきたい。例えば、いつも自転車だけど、今日は歩いてみようかとか。いつもコンビニ飯だけど、今日は定食屋でご飯を食べようとか。




落合陽一×堀江貴文 著 「10年後の仕事図鑑」をまだ読んでいない方は、是非読んでみてくださいね。


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中
オリジナルコンテンツ好評配信中



●僕に対するメッセージはこちらから受付中
質問箱から送る
レターポットから送る


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







カテゴリ:

前回は堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を以下に6つピックアップしましたが、今回は僕が共感した「10年後増える仕事」を3つピックアップします。

関連記事




10年後増える仕事
1.高級飲食店


p126 特に高級店なんて、利益から考えたら半分趣味みたいなものだろう。(中略)儲からなくても好きでやっているのだから、もはや労働ではなく、趣味の延長だ。
 

よくよく考えてみたら、高級店って回転率も上げられない(上げなくてもいい)し、個人の店なら座席数も少ないので、利益もチェーン店に比べると少ないのでしょう。しかし、高級店の店長は、お客さんと話すのが好きだったり、その料理にこだわりがあったりする人が多いと思うので、この時点で、趣味の延長だと捉えることができますね。



10年後増える仕事
2.職人


p128 自分にしかできなかった技を機械に代替させることで、自分の作業効率をあげようと、”AIを使いこなす”考え方をしているのだ。
 

藤原和博さんいわく、100分の1×100分の1×100分の1で100万分の1のレア人材になれますが、3つも同時並行するのは時間的にも体力的にも限界があります。職人も含め、レアな存在になればなるほど、「AIに仕事を奪われる」という発想よりは「AIをいかに使いこなして作業効率をあげるか」を考えているのかもしれないですね。



10年後増える仕事
3.観光業

中国や東南アジアがさらに経済発展を遂げ、日本は貧しくなっていくと言われているけれど、その一方で日本の観光資源は世界的に価値があるので、インバウンド需要は10年後増えていると考えられます。本書でも


p140 「そこでしかできない体験」が重宝
 

と書いてありますが、僕も高校でマレーシアに行った時にブティックや地方でのホームステイを経験した思い出は、今でも鮮明に覚えています。インターネットが発達した今では、そこでしかできない体験、マイナーなアクティビティが価値を持っていくようになるのかもしれないですね。



「10年後の仕事図鑑」が気になった方は



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中
オリジナルコンテンツ好評配信中



●僕に対するメッセージはこちらから受付中
質問箱から送る
レターポットから送る


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる








カテゴリ:

堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を以下に6つピックアップします。半分は意外でしたが、本書を読めば、堀江さんや落合さんの考えがある程度理解できました。



10年後減る仕事
1.エンジニア


p84 エンジニアとディベロッパーの違いを考えてみよう
 

今はコード1行いれるだけで、決済システムを導入できるようになっていることを踏まえれば、作りたいアプリケーションがあれば素人でも作れてしまう。また、機械学習で「フィードバックループ(エラーと改善を繰り返して正常な動作をさせること)」ができるようになれば、機械や回路も誰でも作れるようになる可能性を秘めています。本書に、このような記述がありますが、これからは作りたいアプリケーションと製作段階をプロデュースできる人がエンジニアとして生き残っていくように思います。



10年後減る仕事
2.弁護士


p86 裁判の判決を下すコードを作り判例の理由を学習させると、過去の判例に対して正答率が8割超だった。たった1時間ぐらいで作ったものですらこれほどの成果をあげる。
 

過去の判断、事実に基づいて、判断するのはディープラーニングの得意なことでしょう。もしかすると法律関係以外でも、過去の論文や特許から新規性を見つけるのも機械の方が得意かもしれない。言い換えれば、過去の資料を漁る作業は、もうしなくてよくなる日が来るかもしれないですね。 



10年後減る仕事
3.研究者


p92 AIが人間の代わりに研究チームのマネジメントをする可能性ある
 

これは本書を読んで衝撃でした。高度な知能を使う「研究」は人工知能に絶対代替されないだろうと思っていましたが、よく読んでみると、AIが研究するというより、今の研究者の活動に無駄が多いということだろう。過去の文献からどんな新規性があって、どんなデータが得られると良いかはAIがマネジメントするようになり、さらに文章も書くようになるかもしれない。

また、該当ページの下に、


ただ研究するだけじゃなく、それをいかに社会に還元していくかを考え、自ら資金調達できる研究者が望まれる。
 

とあります。研究は昔の貴族の遊びだったみたいなので本質的な部分は残る一方で、それを職にするのが難しくなっているのかもしれません。



10年後減る仕事
4.ドライバー(運転手)

p106 自動運転は、「自動で動く車」とは、まったく違うロジックといえる。(中略)「パッセンジャーエコノミー」として注目を集めている。

本書にこう書いてある通り、自動運転によって、ドライバが減っていくのはもちろん、それによって車の形や、車の用途も変わってくる可能性もあると思います。パッセンジャーエコノミーって言葉は初めて知りましたが、移動中がオフィスになったり、娯楽スペースになったりすることで、「移動する感覚」が減っていき、さらに世界は狭くなっていくのかもしれないですね。



10年後減る仕事
5.書店

本屋は場所に制約があるため、もはやAmazonに立ち向かうことは難しいことを考えると、10年後仕事がなくなっているかもしれないことは容易に想像がつくだろう。しかし本書では、


p112 「リアルな場」である強みを生かせば生き残る道はある
 

と書いてあり、AmazonなどのECサービスによって本屋の売上は下がっているけれど、例えば東京駅構内にある、本屋と飲食店を組み合わせた店などのように、本屋 × ○○が現れていくと思われます。読み聞かせ会や講演会などなど、近い将来、本屋は本を売る場所でなくなっているかもしれない。



10年後減る仕事
6.編集・校正


p116 本の編集作業は人間。校正や文字起こしは機械。
 

僕も取材コンテンツを掲載している身として、文字起こしを機械で行って作業の効率化を図りたいが、今はまだ精度がよくないため、機械化できていない。AIプログラミングを学んで、自分の声と話し方を学習させれば、精度がかなり上がりそうな気もするので、いつかチャレンジしてみたい。



次回は、「10年後増える仕事」をピックアップしたいと思います



「10年後の仕事図鑑」が気になる方は

【書評】改革のファンファーレ 現代のお金と広告 4/4

カテゴリ:

自分用のメモを兼ねて、
4回に分けて書評を投稿しています。

第3回までをご覧でない方は、
以下のリンクよりご覧ください





高寿命社会の生き方とは


p250 l6 「20歳から60歳までの仕事」と「60歳から100歳までの仕事」。僕らはこの人生において、前半と後半で2つの仕事をやらなければならない。
 

高齢者になる=ネガティブだと捉えると、
60歳〜100歳までの期間を
どう生きらいいのかわかりません。

しかし今後、長寿命化していく日本では
確実に20〜60歳と60〜100歳の2ステージが
存在していくようになります。

そして、
それぞれのステージで
何か生きる意味を見つけていく、
これからはそんな社会になろうと
しているのだと思います。




許され力の能力値


p254 l3 20代よりも、80代の方が、「愛される欠陥(許され力)」の能力値が高いのだ。


本書では「老人力=愛される欠陥」と
定義していますが、
これは高齢者に限った話では
ないと思います。

身体障害を持つ方や、
精神的な疾患を持つ方、
片親を持つ子ども、
セクシュアルマイノリティ
といったすべてのマイノリティにも
同じことが言えます。

「本人の意思でどうしようもない欠陥」は
これからの社会では
許容されてるようになり
恩送りが自然と発生していくように
なると思います。
その仕事を担うのが、
マイノリティの方々なのだろう。




価値が経年劣化しない唯一のもの


p261 l1 お金が腐らないから、お金が力を持ってしまった。


お金が兌換紙幣以降から
「腐らないもの」となって
千数百年が経って、
お金が力を持つようになりました。

「お金がないと生きていけない」
「物が買えない」
「食べていけない」と、
お金に縛られている人は多いです。

その観点から、
西野さんが開発したレターポットでは
受け取ってから数ヶ月しか
価値を持たないそうです。




古本の新しい価値


p267 l4 孫正義さんが「どこを見て、何を面白がっているのだろうか?」という”孫正義さんの視点”が付加価値となっているからだ。
 

これからの時代は
「誰が」読んだかに価値が高まる時代。

その「誰が」というのは有名人だけでなく、
普通の人であっても、
その人のことを評価している人にとっては、
その人の視点を知りたいと思うでしょう。

これからは、
そういう関係を作っていかなければ
ならないのだとつくづく思います。





読書を仕事にする方法


p270 l10 読書が得意な人間には職業が用意されておらず、読書も立派な特技なのに、これまでずっと「趣味」の中に収まっていた。
 

しるし書店は、
読書という趣味を仕事にし、
「読書家」という職業を作りました。

これからの時代、
好きなことがあれば
仕事にできるようになるので、
好きなことがない人は
ただAIに仕事を奪われるのを
恐れて待っていなければ
ならなくなりました。

落合陽一さんは、
そういう意味でも
「モチベーション格差が来る」と
言っているのかもしれませんね。




バカにできない流通のコスト


p288 l11 撮影と編集を自前でやってしまえば、27万円もあれば、3000枚のDVDを作ることができる(中略)残りは、作者からお客さんの手に届くまでの「流通」にゴッソリ持っていかれている。
 

小売の有名企業がやっている
「プライベートブランド」と
いうのものがありますが、
それの個人版もありだぁと思いました。
国民総クリエイター時代になって、
流通を介さなければ
個人でもCDやDVDなどが作れるので、
個人のプライベートブランドが
どんどん出てきそうな予感がします。

僕もプライベートブランドを
作ってみようかなぁ(笑)





情報不足は恐怖の元


p301 l5 一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ。


僕も行動できないケースが幾度かある。
それを勇気がないからだと言い聞かせて、
今までやってきたけれど、
それで解決したことは一度もなくて、
一歩踏み出せないのは勇気ではなくて、
情報が足りないから怖がっているんだと、
最近になって思うようになりました。

行動すれば情報は集まるし、
情報が集まれば行動できるから、
さらに加速していくので、
行動し続けられる良いサイクルを
自分の中に持つように心がけたいです。





西野亮廣さんが最後に言いたいこと


p302 l5 努力だ、圧倒的努力。これに尽きる。(中略)朝4時に起きて、サインを入れて、レターパックに送り先の住所を書いて、郵便局に電話を入れて、配送手配。


西野さんがブログで
「あの人は有名だから・」という人に対し

「だったら有名になる努力をすればいい。
有名になっている人は、
2世タレントや犯罪者以外、
努力して有名になっている。
周りが飲みに行ったり、
遊んだりしている中で、
罵声を浴びながらも
自分を発信する努力をしてきた人たちだ」
と言っていたが、その通りだと思う。

たとえば今人気YouTuberの
フィッシャーズも、
中3の終わりから動画投稿を始めていたが、
大きく注目を浴び始めたのは
2016年ごろから。

特に2017年後半からすごく伸びてきた。
それまでは「いつまでやってるの?」と
バカにされることも多かったのだとか。



 
最後に、

 
西野さんの「改革のファンファーレ」を
読んでみて思ったのは、

これからの時代、
正直者が損をしなくなって
いくような気がしました。

何か想いを持って行動している人、
誰かの役に立ちたいと思って
頑張っている人、
要領はよくないけれど
地道にこなしている人………。

いずれも動き続けた人にのみ、
チャンスが回って来るという、
非常に分かりやすく、
非常に過酷な時代になっていくのだろう。

僕も時間を上手く使って、
1日少しずつ積み重ねていきたいです。
この機会に是非読んでみてくださいね。




 ■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中
オリジナルコンテンツ好評配信中



●僕に対するメッセージはこちらから受付中
質問箱から送る
レターポットから送る


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






【書評】改革のファンファーレ 現代のお金と広告 3/4

カテゴリ:

自分用のメモを兼ねて、
4回に分けて書評を投稿しています。

第2回までをご覧でない方は、
以下のリンクよりご覧ください。






社会貢献 × エンターテイメント

p197 l4 問題も抱えていた。熱狂と同時に発生するゴミである。ハロウィン翌朝の渋谷はゴミだらけで、社会問題となっていた。


ハロウィンとゴミの社会問題に
立ち向かったNPO法人がありました。
岡山駅前商店街で行われる
ハロウィンイベントにて、
ガイコツの形をモチーフにした
ゴミ袋をクラウドファンディングで制作し、
当日配布することによって、
ゴミ拾いもハロウィンの文化に
しようというものでした。

社会問題に対して、
エンターテイメント的な視点から
解決策を提示していくことは、
今後ますます求められていくと思います。




サンタクロースの服が赤い理由

p200 l6 サンタクロースが赤い服を来ている理由は、コカ・コーラ社の都合だ。そこにあるのは、執念とも呼べる”刷り込み作業”


この事実は23年目の衝撃でした(笑)。

「サンタクロースの赤い服が
コカ・コーラの都合」だという事実は、
コカコーラジャパンのサイトでも
公式に発表されています。

人は小さい頃に
刷り込まれたことに関しては疑わないし、
ロングセラーとなり得るということを
改めて実感した瞬間でした。




SNSを使った地道な宣伝方法

p205 l11 「#改革のファンファーレ」とタグを付けていただければ、確実に「いいね」を押しにいく。

p207 l8 当然、こういった批判もリツイート&シェアする。


西野さんは、
SNSを使って告知するにしても
すごい努力を重ねているんだなぁ
と感じます。

例えば、
ハッシュタグ付きで
投稿されたものに対して
「いいね」を押しに行ったり、
批判をいいね&拡散したり。
「いいね」や「拡散」って
ボタンひとつの手間だけど、
それを毎日複数回繰り返すのは、
本当にすごい努力だと思います。




24時間宣伝に使ってもマス広告には敵わない


p210 l4 自分の時間を使った宣伝ではなく、他人の時間を使った宣伝だ。


自分の時間は
1日24時間という限界があります。
だからこそ限られた時間で宣伝しても、
マスメディアには敵いません。

相手の時間を使って
宣伝してもらう仕組みを作らないと
ヒット作は生まれてこないのだと
思いました。





情報解禁がニュースになる時代は終わった

p215 l6 大切なのはニュースを出すことではなくて、ニュースになることだ。


かつては情報解禁自体が
ニュースになっていました。

しかし、今は国民総クリエイター時代。

誰もが発信できるので、
公式アカウントで情報解禁したとしても
流されて終わることが増えてきています。
情報解禁でニュースを出すのではなく、
「情報解禁でニュースを作る」。

それこそが本質であり、
大切なことだなぁと思います。




広告とは試行錯誤の結果である

p219 l7 これまで僕とマネージャーだけしか知らなかった講演会のオファー数を可視化
身内でしか知り得なかった数値の中には、公開して可視化できるようにした方がいいものもある。それを出すか、出さないかなどは状況によって変わってくる。

p220 l7 広告とは、常に「最適解」を探す作業である。


広告は市場に出て初めて
答え合わせができますが、
答え合わせしている頃には
結果が出ているという
残酷な状況にあります。
だからこそ、
事前に仮設思考力で最適解を探すことが
必要になってくるのですね。





コミュニケーションでモノが売れる時代

p226 その話を聞いていたスタッフが、その場でアマゾンでポチったのだ。

p227 l1 皆、1500円を持っているのだけれど、本屋には、1500円を出す「キッカケ」がないのだ。


みんな、
1500円でいろんなものを買っています。

また1万円するものでも
即決で買うこともあると思います。
人はお金を持っていないのではなく、
コミュニケーションの中で、
その人の内なるものが
掻き立てられたときに、
人はお金を払うということ。

SHOWROOMの前田さんも、
信頼できる人から勧められた本なら、
会話の途中でKindle版をポチるという。

「信頼できる人からモノを買う」
ということこそが、
「信用がお金に両替できる」時代の
序章に感じてなりません。





誰だって後悔したくないものだ

p244 l5 お客さんを動かす(モノを買わせる)には、⦅後悔の可能性⦆を取り除いてあげることが重要だ。
 

僕もその典型例ですが、
お客さんは「後悔」や「不安」を
感じたら行動しなくなるので、
いかにそれらを取り除くかが大事で、
「後悔や不安を取り除く」ことも
広告になってくると思います。




このページのトップヘ

見出し画像
×