カテゴリ

カテゴリ:エンタメ

しるし書店に出品してみました

カテゴリ:

キングコングの西野亮廣さんが開発費を
クラウドファンディングで募って開発した

このサービスは、西野さんが
「その本が誰に読まれたかによって、
その本(古本)の価値は変わるのに、
それを反映させて流通している
プラットフォームがない」ことに気づいて
開発したそうです。

古本をマーケットにした店は
たくさんありますが、
どれも定価以下で、
かつ販売金額は一定です。

またページが折れていたり、
文中にマーカーが引いてあったりすれば、
価値は下がってしまいます。

つまり、今は「新品のものと比較して
価格付けされる」店がほとんどです。


しかし「しるし書店」は違います。


というよりは、

しるし書店では
「買い取り」というものがありません。

読んだ人が「古本屋」のオーナーとなり、
本を販売することができます。

つまり、
価格設定は読んだ人に
委ねられているわけです。
そうなると、
人によっては定価以上の値段設定でも
売れてしまうといったことも起こります。

例えば、
落合陽一さんがメモを取りながら
読んだ本があれば定価以上の価格でも
欲しい人は多いでしょう。

また著名人でなくても、
回路を作っている人や
開発している人の中には、
電子工作の好きな人がしるしをつけた
技術本が欲しいと思うはずです。

ここまで読んで、
既に気づいた人もいるかもしれませんが、

この「しるし書店」で販売されているものは
「本」ではありません。

「本」という形をした
「店主の視点」です。

僕もこの仕組みに
すごく興味があったので、
出品してみることにしました。 



今回「しるし書店」に出品するために、
あえてがっつりしるしを付けて
販売することにしました。

僕は速読よりも、
じっくり考えながら読むのが好きなので、
僕が考えるポイントになった文に
マーカーと付箋を付けていきました。
そして、そのページ番号と行番号を控えて、
「そこで何を考えたのか」
Evernoteでメモして読み進め、
メモしたものを書評として
ブログにアップすることにしました。

すなわち、
僕が「しるし書店」で販売した本は、
僕の書いた書評と連動しています。

書評ブログ見て、
気になるところを
本で見返すこともできるし、
本の中のマーカーを見て、
この人は何を考えたのだろうと
書評ブログを参照することもできます。

また書評と連動する本ということで、
世界にはひとつしかありません。
よく考えてみると、本の一部に
僕の考えたことを綴っているので、
あたかも僕の本を出版しているような
感覚を覚えます(笑)

というわけで、
よければ是非、お買い求めください。

_20180508_005839



書評ブログの方は無料で読めますので、
そちらも併せてご覧くださいね(^^)




Fisher’sが訪れた屋内アスレチック施設 Get Airが楽しすぎた

カテゴリ:

10月15日〜16日に東京にいましたが、半年前からフィッシャーズも動画を見て行きたかった「Get Air(ゲットエア)」にも行ってきました。


Get Air Japan 詳細

◇場所
 〒335-0005
 埼玉県蕨市錦町1-3-15

◇電話番号
 048-299-6622
◇最寄り駅
 埼京線 戸田駅(徒歩13分)
 京浜東北線 蕨駅 (徒歩14分)

◇関連動画


この記事の内容は2017年10月のものであり、
変更されているかもしれないので、ご注意ください。

僕が訪れた2017年10月16日では、以下のアトラクションがありました。



①スラッグライン
DSC_0044

最近話題になりつつある、ニュースポーツ。僕は二歩目でバランス崩してしまうので、バランス感覚が欠乏しているのだと実感しました。難しい、、、




②アスレチック
DSC_0042
DSC_0045

平均台→ボルダリング→天井にぶら下がっているサンドバッグみたいなやつを次々に移るやつ(名前がわかりませんでした笑)のコースとなっており、僕は最後のやつだけどうしてもできませんでした。ボルダリングで、握力の限界が来て、これ以上グリップを掴めなくなりましが、十数年ぶりのアスレチックだったので楽しかったです。




③アスレチック(タイムトライアル)
DSC_0049

さっきのアスレチックを組み合わせたタイムトライアル。サスケの簡易版かな?!もちろん挑戦してみましたが、結果は54秒が僕の最高記録でした。6〜10秒で行ける人、ヤバすぎでしょ。またフィッシャーズの動画見て再チャレンジしてみたいです。




④ダンクシュート
DSC_0051

トランポリンによりダンクシュートしてみようというアトラクション。僕はゴールに入りませんでしたが、ジャンプしていると疲れてきますね。良い運動になりました。





⑤前宙練習トランポリン
DSC_0052

トランポリンと大量に敷き詰められたピットがあるので、技を磨きたい人にとっては最高の場所です。ただゲイナー(前に飛ぶ後方宙返り)や2回転以上のアクロバットは禁止なので注意ください。





⑥巨大トランポリン
DSC_0046

小さいときトランポリンを少しやっていたこともあり、久しぶりに跳ねて楽しかったです。最後の方は、トランポリンでトレーニングしようと思い、
 ①仕切りを5回またぐ
 ②抱え込みジャンプ10回
 ③腰落ち⇒膝落ち⇒腹落ち(3セット)
 ④ロンダート+ジャンプ
を5セット行いました。いいトレーニングになったと思います。


東京駅から電車+徒歩で1時間弱で行けます。
(僕は池袋から埼京線に乗り、戸田駅で降りて歩いていきましたが、30分ぐらいでした。)


皆さんも東京に行ったときには、是非Get Airに行ってみてはいかがでしょうか?!



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






「つまらない恋物語なんてない」オオモリヨウヘイの信念

カテゴリ:

8月27日に横浜で出逢ったシンガーソングライター、オオモリヨウヘイ。彼は、「つまらない恋物語なんてひとつもない」をコンセプトに音楽活動をしている。彼が歌う楽曲は、すべて誰かの恋物語。僕が立ち止まって聞いたのは、彼の1stシングル「オレンジジュース」でした。



以下、フライヤー情報を引用します。

オオモリヨウヘイ

1990年生まれ。神奈川県横浜市出身。アコースティックギターの弾き語りがメイン。儚さをのこしつつも力強く温かみのある声色で、バラードやポップスを歌う。ノスタルジックな歌詞やサウンドテイストによるパフォーマンスにはファンも多い。


つまらない恋物語なんてひとつもない

友だちの恋物語は、小説を読んでいるようにドキドキして、応援してみたり、バカにしてみたり、楽しくて楽しくてしょうがなかった。ほとんどの恋はうまくいかない。想いがすれ違い、ぶつかり、なくなってしまう。けれど、そんな恋から教わったこともあった。やさしくあろうとしたこと、たよりになるヒトになろうとしたこと。すべてはその話から始まった。誰かの恋物語を歌にして、届ける。オオモリヨウヘイの信念です。


170916_185427_1


すべての曲が誰かの恋物語なら、「オレンジジュース」も誰かの恋物語ということになり、「どんな人の恋物語なんだろう」「季節はいつかな」など具体的なことも知りたくなりました。例えば、高校生の秋の恋物語で・・・みたいなかんじの情報が知れたら、もっとオオモリヨウヘイさんの曲が楽しめるような気がしました。

皆さんも、具体的な情景を思い浮かべながら、オオモリヨウヘイさんの曲を聞いてみてはいかがでしょうか?


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






トリガールの試写会に呼ばれたので見てきました。

カテゴリ:

試写会にあたったあと、その日に用事があったのですが、先週ぐらいにキャンセルになって試写会に行ってきました。755に投稿したように、本当に試写会がなければこの作品に出逢うことはなかったと思います。トリガールを見て、毎年テレビとかでも中継される鳥人間コンテストにも興味が沸いてきました。試写会の抽選にあたり、予定がキャンセルになったのは、この作品に出逢って、鳥人間コンテストがなぜあんなに注目されるのかに気づかせてくれるために起こったんだと思います。

ネタバレになるので、ストーリーの内容には触れませんが、笑いあり!涙あり!大学生の青春物語でした。コロコロチキチキペッパーズのナダリの役柄も面白いので、見どころのひとつです。また、劇中歌やエンディングで流れた曲は、一度はどこかで聞いたことのある曲なので、より楽しめるのではないでしょうか。

鳥人間について一切興味がありませんでしたが、この映画を見て、風を感じたり、大空を羽ばたいたりするのが、ロマンチックなことなんだなぁと興味がわいてきました。見ていて、風が感じられる作品となっていて、見終わったあと、自転車で帰る途中、すごく風が心地よかったです。すごく気持ちの良い風を感じられました。


大学生の青春を描き、笑いあり涙ありの「トリガール」は9月1日ロードショーです。


皆さんも映画館で風を感じてみませんか?


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







カテゴリ:

夏と言えば、心霊現象やホラーなど背筋が凍るような話ですよね。お盆にちなんだものなのか、暑いから気持ちだけでも冷まそう的な感じなのかわかりませんが、今回は「意味が分かると怖い話」をネットで調べて、それをアレンジして紹介しようと思います。


※怖いのが苦手な方はここでページを閉じてください。これ以降は自己責任でご覧ください。





1:何の肉?

ある男性が宗教団体に入っている知人と夕食を取ることになり、焼き肉店に入ったそう。その男性がトイレに行っている間に知人は既に注文していたのですが、何の肉かは教えてくれない。男性は冗談交じりに「人の肉?」って聞くと、知人は「それは絶対に違う」と断言されたという・・・。
なぜ人の肉じゃないと分かったのだろうか・・・。




2.息子の予言

とある町に住んでいる家族がいて、そこの子どもには、人の顔を時々じっと指で指す癖があった。指を指された人間が3日以内に死ぬというのを知ったのはつい最近のことである。家族は、その子供の能力を表に出さないように気をつけていた。それから1年後、その子供は突然亡くなった。今思えば、3日前、親がテレビをつけようとしたとき、子どもはテレビの画面を指で指していたという。テレビをつける前の画面は真っ暗で何も映っていないはずだが、そこには・・・




3.海へ。山へ。そして・・・

昨日は海へ足を運んだ。
今日は山へ足を運んだ。
そして明日はどこへ行こうかと、
俺は頭を抱えている

(マックスむらいチャンネルより)



調べていくうちに、鳥肌が立ってきて、背筋が凍りはじめ、これ以上書けそうになくなったので、一旦終わりにしたいと思います。皆さんもお化け屋敷のような感覚で楽しむ程度で、調べてみてはいかがでしょうか?



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







このページのトップヘ

見出し画像
×