カテゴリ

カテゴリ:ガジェット

カテゴリ:

9月15日(金)に、auの新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」が、来週発売のiPhone8にも適用すると発表がありました。今回は、これまでの「カケホとデジラ」のプランと比べて、お得なのか調べてみました。

僕は現在、「スーパーカケホ(5分以内の通話がタダになるプラン)」と「スーパーデジラ20(月20GBまでネット使い放題)」のプランに加入しています。そんな僕の通信料金は、


スーパーカケホ基本料 1700円
LTE NET 300円
データ定額20 6000円
故障紛失サポート 380円
auスマートパス 390円
auスマートバリュー -934円

合計 7836円(税抜)


このプランをもとに、新料金プランに当てはめてみると、


auフラットプラン20 6500円
LET NET 300円
故障紛失サポート 380円
auスマートパス 390円
auスマートバリュー -934円

合計 6636円(税抜)


なんと、1か月1200円も得する結果に?!
けれど新料金プランには落とし穴があります。

それは、

〇端末分割払い時の毎月割が適用されない
〇データの繰り越しができない

毎月割廃止の代わりに新プランでは「アップグレードプログラムEX」が導入され、2年後の機種変更を前提に、機種代が最大半額になります。今回の新プランを見て感じたのは、1年および2年スパンで機種変更する人が多いってこと。近い将来、3Dプリンタが当たり前のようになれば、週替わりで端末を変える、そんな未来が来そうです。

またさらに、今機種変更してプランを新プランに変えると、2018年2月以降、機種変更しない限りプラン変更できなくなります。

僕の場合、既に機種代金の支払いは終わっているので、新プランに変えて、通信費を安くしてみようかな?!皆さんも、今回の新プランも検討してみてはいかがでしょうか?



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







Chromeリモートデスクトップが超便利!!遠隔操作の活用法を紹介します

カテゴリ:

みなさんは、外出先で自宅などのパソコンを操作できたらいいのになぁって思うことはありませんか?

急な用事で出ないといけない時、家や職場のパソコンに外出先からアクセスしたい時などに役立つ遠隔操作アプリを紹介します。遠隔操作アプリには、発行源が不明なフリーソフトもありますが、今回紹介するのは、Google Chromeの拡張機能の「Chromeリモートデスクトップ」です。

まずホスト(遠隔操作したいパソコン)に、Chromeリモートデスクトップをインストールして、デスクトップの共有を許可します。デスクトップを共有するには、オンラインかつGoogleのアカウントでログインしている必要があります。また、PINコード6桁を設定する必要があります。

外出先に持ち出すパソコンやスマートフォンにもChromeリモートデスクトップをインストールしておきます。これで準備完了です。

早速使ってみましょう。

Screenshot_20170822-230934

これがスマートフォンで使った場合の遠隔操作画面。横画面でも縦画面でも操作できます。スマートフォンで遠隔操作できますが、細かい作業は難しく、ファイルを開いて表示させたり、印刷したり、ファイルをクラウドにコピーしたりするぐらいなら、慣れれば簡単にできます。また、別のパソコンから遠隔操作する場合は、あたかもホストが目の前にあるかのように作業できるので、便利かもしれません!

しかし、便利なことにはリスクもはらんでいます。

1つ目は、遠隔操作しているとき、ホストはオンラインでGoogleにログインしている状況なので、ホストパソコンがある部屋に誰かいた場合、情報漏洩などのセキュリティ上の問題があります。

2つ目は、PINコードとGoogleのアカウントさえあれば、ホストパソコンがオンラインなら、誰でも遠隔操作できるということ。つまり、6桁のPINコードは決してメモしてはいけない。もしPINコードとGoogleアカウントが盗まれたら、知らない間に遠隔操作されて、大切な情報やファイルが抜き取られ、責任問題になります。

これらのリスクを考慮して対策した上で、遠隔操作すれば、外出先でも仕事でき、1日の効率がアップするので、是非使ってみてくださいね。



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる





誰でも外注できる時代 - スキルマーケットココナラ

カテゴリ:

最近、ココナラっていうサービスをよく利用するようになりました。たとえば対談企画の音声を文字起こししたり、アイコンを制作してもらったりとお世話になっています。ココナラを使ってて、ふと得意な人に任せた方が効率もいいし、自分の時間を他のことに使えるなぁって感じました。
僕がココナラを使って外注したのは、

①井口さんとの対談企画の文字起こし
②TwitterやYouTubeのアイコン
icon2

※サナデココさんに制作していただきました


関連記事
スキルマーケット「ココナラ」で出品してみよう



今までは外注といえば、B to B(ビジネスtoビジネス)でしたが、これからはC to C(ユーザー同士)の外注が増えていくような気がしました。というのも、在宅ワーク系のサービスが増えて、空いている時間に、自分の得意なことで稼ぐのが当たり前になりつつあります。逆に言えば、誰かの得意を気軽に利用できるということです。僕の場合は、音声の文字起こしやアイコン制作を、自分でするより得意な人にやってもらった方が、かかる時間も短く、いいものができました。すべて自分がしていたら、その5倍以上時間がかかっていたように思います。

でも外注が難しいのは、必ずしも思い通りにならないこと。こちらがイメージしているものと制作者がイメージしているものでは、見ているものや経験が違うので、異なってきます。

誰でも外注でき、誰でも引き受けられるような世の中では、自分の思っている、考えていることを相手に伝えるコミュニケーション能力が今以上に必要不可欠になってくるのかもしれませんね。





■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






半額以下?!ハンドスピナーを作ってみた!

カテゴリ:

少し前に世界で話題になり、なぜか今、日本で大ヒットしているハンドスピナーですが、僕も欲しいって思ったことがあります。

でも

高い

ただ回すだけで1300円以上します。高いのだと数千円も。まぁ高いほど、ちゃんと設計されていて長時間回るのでしょう。最近では、日本のトップYouTuber、ヒカキンさんとその兄、セイキンさんが名付けた民族と水道がAmazonの商品ページに表示されるということまで起こっています。

関連動画
そんなハンドスピナー欲しいけど、

1000円も出して買うのはちょっと・・・。

じゃあ作ればいいじゃん!!

ってことでハンドスピナーを作ってみました。用意するものは、ボールベアリング、ナット3つ、ジッパータイ(結束バンド)9本だけです。僕が買ったボールベアリングは、





このベアリングで作りました。


完成形がこちら!

DSC_0194


2~3秒回ります。まあ500円以下で作れたので、1000円以上するハンドスピナーと比べて全然回りませんが・・。でも、回転を止めないように回すっていうのも楽しいですし、何より自分で作ったってことから、愛着がわいてきます。



【PR】

この手作りハンドスピナーは、10月8日(日)に岡山駅前商店街で行われる「まちなか大学祭」で、大学生のお兄さんやお姉さんから作り方を教えてもらいながら作ることができます。参加費は材料費込みで500円!!愛着わくこと間違いなし!

是非、まちなか大学祭でハンドスピナー作ってみてはいかがでしょうか?

詳細はまちなか大学祭公式Twitterにて続報を待て!!

17まちなか大学祭フライヤー



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






なるべく現金を持たない生活はじめます

カテゴリ:

コンビニやスーパーなどで、一番時間がかかること。それは、

レジの待ち時間

ではないでしょうか?

その待ち時間の一番の原因が「現金による決済」です。特に小銭が絡むと、支払う方も釣銭を出す方も手間でしかありません。それでも現金が無くならないのは、現金決済のみにしか対応していないお店が多いからかもしれませんが、やはり待ち時間を減らしたい。

レジでの待ち時間はたとえ1分でも長く感じますし。

そこで、僕はなるべく現金を使わないで生活していこうと思います。そうすることで、レジで後ろに並んでいる人に待たせることなく、また家計簿の管理がずっと楽になると考えています。

最近では、マネーフォワードという家計簿アプリを使えば、連携する電子マネーやクレジットカードでの決済を自動的に記入してくれます。現金だと、レシートをもらい損ねて、家計簿にも記録し忘れたら、収支が合わなくなってしまいます。

なので僕は今後、会食や現金決済専用の店を除いて、

●LINE Payカード
●Smart ICOCAカード
●Tポイントカード
●Android Pay

だけで済ませようと考えています。
僕のAndroid Payでは

●楽天Edy
●モバイルnanaco
●dポイント
●マツキヨポイント
●Pontaポイント

が利用できます。

基本的に決済はLINE Pay(JCBプリペイド),nanaco,楽天Edyで済ますことができます。また、ポイントはTポイント・dポイント・Pontaポイント・マツキヨポイントさえあれば、全国に展開しているほとんどのお店でポイントを貯めることができます。

小銭を使わなくなれば、財布のカタチも「カード入れ」で十分になるので、早速カード入れを買ってみました。

DSC_0187

PLEMO クレジットカードケース カードケース 牛革 アコーディオン式 持ち運びに便利ブラック KB-003


このカードケース、牛革でできており、ポケット数が14と多いのが特徴です。また、2つのポケットが少し大きいので、名刺も10~20枚程度持ち歩くことができます。プラスチック製のカードケースだと破損しやすいのですが、それも牛革なので破損の心配がいりません。耐久性に優れた、財布と名刺ケースの機能を併せ持つのが、このカード入れです。

今後も長く愛用していきたいと思います。

「なるべく現金を持たない生活」で新たな発見等あれば、このブログで近況報告していくので、チェックしてみてください。



このページのトップヘ

見出し画像
×