カテゴリ

カテゴリ:ニュース

カテゴリ:

前回は堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を以下に6つピックアップしましたが、今回は僕が共感した「10年後増える仕事」を3つピックアップします。

関連記事




10年後増える仕事
1.高級飲食店


p126 特に高級店なんて、利益から考えたら半分趣味みたいなものだろう。(中略)儲からなくても好きでやっているのだから、もはや労働ではなく、趣味の延長だ。
 

よくよく考えてみたら、高級店って回転率も上げられない(上げなくてもいい)し、個人の店なら座席数も少ないので、利益もチェーン店に比べると少ないのでしょう。しかし、高級店の店長は、お客さんと話すのが好きだったり、その料理にこだわりがあったりする人が多いと思うので、この時点で、趣味の延長だと捉えることができますね。



10年後増える仕事
2.職人


p128 自分にしかできなかった技を機械に代替させることで、自分の作業効率をあげようと、”AIを使いこなす”考え方をしているのだ。
 

藤原和博さんいわく、100分の1×100分の1×100分の1で100万分の1のレア人材になれますが、3つも同時並行するのは時間的にも体力的にも限界があります。職人も含め、レアな存在になればなるほど、「AIに仕事を奪われる」という発想よりは「AIをいかに使いこなして作業効率をあげるか」を考えているのかもしれないですね。



10年後増える仕事
3.観光業

中国や東南アジアがさらに経済発展を遂げ、日本は貧しくなっていくと言われているけれど、その一方で日本の観光資源は世界的に価値があるので、インバウンド需要は10年後増えていると考えられます。本書でも


p140 「そこでしかできない体験」が重宝
 

と書いてありますが、僕も高校でマレーシアに行った時にブティックや地方でのホームステイを経験した思い出は、今でも鮮明に覚えています。インターネットが発達した今では、そこでしかできない体験、マイナーなアクティビティが価値を持っていくようになるのかもしれないですね。



「10年後の仕事図鑑」が気になった方は



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中
オリジナルコンテンツ好評配信中



●僕に対するメッセージはこちらから受付中
質問箱から送る
レターポットから送る


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる








カテゴリ:

堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を以下に6つピックアップします。半分は意外でしたが、本書を読めば、堀江さんや落合さんの考えがある程度理解できました。



10年後減る仕事
1.エンジニア


p84 エンジニアとディベロッパーの違いを考えてみよう
 

今はコード1行いれるだけで、決済システムを導入できるようになっていることを踏まえれば、作りたいアプリケーションがあれば素人でも作れてしまう。また、機械学習で「フィードバックループ(エラーと改善を繰り返して正常な動作をさせること)」ができるようになれば、機械や回路も誰でも作れるようになる可能性を秘めています。本書に、このような記述がありますが、これからは作りたいアプリケーションと製作段階をプロデュースできる人がエンジニアとして生き残っていくように思います。



10年後減る仕事
2.弁護士


p86 裁判の判決を下すコードを作り判例の理由を学習させると、過去の判例に対して正答率が8割超だった。たった1時間ぐらいで作ったものですらこれほどの成果をあげる。
 

過去の判断、事実に基づいて、判断するのはディープラーニングの得意なことでしょう。もしかすると法律関係以外でも、過去の論文や特許から新規性を見つけるのも機械の方が得意かもしれない。言い換えれば、過去の資料を漁る作業は、もうしなくてよくなる日が来るかもしれないですね。 



10年後減る仕事
3.研究者


p92 AIが人間の代わりに研究チームのマネジメントをする可能性ある
 

これは本書を読んで衝撃でした。高度な知能を使う「研究」は人工知能に絶対代替されないだろうと思っていましたが、よく読んでみると、AIが研究するというより、今の研究者の活動に無駄が多いということだろう。過去の文献からどんな新規性があって、どんなデータが得られると良いかはAIがマネジメントするようになり、さらに文章も書くようになるかもしれない。

また、該当ページの下に、


ただ研究するだけじゃなく、それをいかに社会に還元していくかを考え、自ら資金調達できる研究者が望まれる。
 

とあります。研究は昔の貴族の遊びだったみたいなので本質的な部分は残る一方で、それを職にするのが難しくなっているのかもしれません。



10年後減る仕事
4.ドライバー(運転手)

p106 自動運転は、「自動で動く車」とは、まったく違うロジックといえる。(中略)「パッセンジャーエコノミー」として注目を集めている。

本書にこう書いてある通り、自動運転によって、ドライバが減っていくのはもちろん、それによって車の形や、車の用途も変わってくる可能性もあると思います。パッセンジャーエコノミーって言葉は初めて知りましたが、移動中がオフィスになったり、娯楽スペースになったりすることで、「移動する感覚」が減っていき、さらに世界は狭くなっていくのかもしれないですね。



10年後減る仕事
5.書店

本屋は場所に制約があるため、もはやAmazonに立ち向かうことは難しいことを考えると、10年後仕事がなくなっているかもしれないことは容易に想像がつくだろう。しかし本書では、


p112 「リアルな場」である強みを生かせば生き残る道はある
 

と書いてあり、AmazonなどのECサービスによって本屋の売上は下がっているけれど、例えば東京駅構内にある、本屋と飲食店を組み合わせた店などのように、本屋 × ○○が現れていくと思われます。読み聞かせ会や講演会などなど、近い将来、本屋は本を売る場所でなくなっているかもしれない。



10年後減る仕事
6.編集・校正


p116 本の編集作業は人間。校正や文字起こしは機械。
 

僕も取材コンテンツを掲載している身として、文字起こしを機械で行って作業の効率化を図りたいが、今はまだ精度がよくないため、機械化できていない。AIプログラミングを学んで、自分の声と話し方を学習させれば、精度がかなり上がりそうな気もするので、いつかチャレンジしてみたい。



次回は、「10年後増える仕事」をピックアップしたいと思います



「10年後の仕事図鑑」が気になる方は

カテゴリ:

先日の2017年10月22日は、第48回衆議院議員総選挙投開票日です。

皆さんは投票に行かれましたか?

僕は1年前の参議院議員選挙には行けなかったのですが、今回は、とある制度を利用して投票に行っていきました。その制度とは、


「不在者投票制度」


おそらく「期日前投票制度」の方が馴染み深いのではないかと思いますが、「不在者投票制度」とは、選挙期間中、仕事の都合で住民票のある地域から離れている場合や、入院などで外出できない場合に、近くの選挙管理委員会や病院で投票ができる制度です。僕の場合は、住民票を移していなくて、選挙のときに住民票のあるところに戻るのは時間とお金がかかるため、最初は諦めていましたが、選挙に参加するのは国民の義務であり、参加しなくて不利な立場に置かれても文句言えないと思ったので、不在者投票用紙を取り寄せて、投票することにしました。

期日前投票が「投票日に行けない理由」を書かされるように、不在者投票も「なぜ不在者投票するのか」を書かされます。ただ、期日前投票と同様に選択肢から選ぶだけなので、深く追求されることはありません。

ひとつ面倒なのは、郵便で申請書を送って、投票用紙を簡易書留で受け取らないといけないことです。簡易書留なので配達されるときには、家や宿泊先にいなければならないのがネックです。マイナンバーカードがあれば、国政選挙に限って、全国どこの選挙管理委員会に行っても投票できるようにならないかなぁ。それかネット投票が実現しないかなぁ。

いづれにせよ、住民票移していない大学生や、一時的に出向しているサラリーマン、全国を飛び回って活動されている方も、この制度を利用して投票に行ってみてはいかがでしょうか?


コカコーラキャンペーンで、マクドナルドでドリンク(S)プレゼント!!

カテゴリ:

先日、こんなキャンペーンを知り、マクドナルドに久しぶりに行きました。そのキャンペーンとは「マクドナルドで炭酸ドリンク(S)無料クーポン」プレゼント
ただそれだけと言われれば、それだけですが、喉乾いていて近くにマクドナルドがあれば、嬉しくなるようなクーポンだと思います。

クーポンの使い方は、下のリンクにアクセスして、クーポンを発券して、マクドナルドの店員に見せるだけ!

image
(こんな感じのクーポンが手に入ります)

まぁ買っても100円の商品なので、そこまで嬉しくないかもしれませんが、「トクした」気分を味わえて、何気ない毎日にちょっとした満足感を得ることができますよ(笑)



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●LINEで読者になる





カテゴリ:

本日 、遂に3年の時を経て、ポケットモンスターシリーズ完全新作「ポケットモンスターサンムーン」が発売されます。なんと初日の出荷数は1000万個だそうです。この新作については、今年の2月に、初代ポケットモンスター赤緑が発売されてちょうど20周年が経ったタイミングで情報解禁されました。

当時のCMでは

すべてのポケモントレーナーの20年がつながって新しい冒険が始まる

というキャッチコピーを掲げ、これまでポケモンを1度でも遊んだことのある人にもサンムーンを遊んでもらいたいと考えているそうです。

サンムーンでは、カントー・ジョウト・ホウエン・シンオウ・イッシュ・カロスのポケモンたちもたくさん登場し、アローラで新しく登場するポケモンも数多く生息しています。ルビーでポケモンにハマった僕にとっては、ホウエン地方のポケモンがこれまで以上に多く登場していて嬉しいです。

また、メガシンカに加え、今作から「Zワザ」というものが加わります。これは、いわゆる「大乱闘スマッシュブラザーズ」など乱闘系のゲームでよくある「必殺ワザ」みたいなものだと認識しています。ですが、バトル中にZワザは一度しか使えません。
 
さらにシナリオも感動的だそうで、早くやってみたいですが、現在「オメガルビーでホウエン図鑑のポケモン211匹捕獲する」というプロジェクトに挑戦中です。本当はサンムーンまでに達成したかったのですが、なかなか時間がとれず、今も挑戦続行中となっています。ここで挑戦を破棄してサンムーンをやればいいじゃんと思われるかもしれませんが、やっぱり達成感を味わいたいんですよね。

といわけで、今年中にはそのプロジェクトを達成して、サンムーンを始めたいと思います。 



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●LINEで読者になる




このページのトップヘ

見出し画像
×