カテゴリ:

普段ノートパソコンを使っているのですが、がっつりと作業するときに、画面が小さいため、複数のタスクを立ち上げる時、画面切り替え(Alt+Tab)をしなければならず、これが結構な手間になっていました。そこで、ディスプレイに接続し、デュアルディスプレイで使うことにしました。

しかし、ノートパソコンの方をメインで使って、ディスプレイを補助的に使うと、画面の小さいノートパソコン側でアプリを立ち上げて、それを外部ディスプレイに移動させなければなりません。それよりも、ノートパソコンのディスプレイを補助ディスプレイとして使う方が、画面が大きいために作業も捗ると考え、今ではノートパソコンをデスクトップパソコンの本体のように使っています

こんな感じで

image


あくまで、この方法は既にノートパソコンを持っている人、もしくはデスクトップとして使うPCと外出先にも持ち運ぶPCをひとつにまとめたい人にとって有益があると思います。ただノートパソコンのキーボードがあるため、机の上のスペースを狭めてしまうという問題点があるので、上記に該当しない人はデスクトップを買った方がいいと思います。

ちなみに僕の持っているLaVie LS150/Mは、4年前に在庫一掃セールで買ったので、Microsoft Office込みで7万円でした。今回、デスクトップ化するにあたって、ディスプレイは借りたものを使って、キーボードとマウスはAmazonで2000円弱で買いました。


デスクトップとノートパソコンのハイブリッド的な使い方は、たとえノートパソコンが壊れても、ノートパソコンだけを買い直せば済みますし、デスクトップとノートパソコンでデータを共有させておく必要もないため、僕はこの使い方に気に入っています。もし、便利そうだなと思われたら、是非ノートパソコンをデスクトップ化して使ってみては?


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が読んだ本(書評)
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる