僕が共感した「10年後減る仕事」

堀江貴文さんと落合陽一さんによる共著「10年後の仕事図鑑〜新たに始まる世界で、君はどう生きるか〜」を読んで、僕が共感した「10年後減る仕事」を以下に6つピックアップします。半分は意外でしたが、本書を読めば、堀江さんや落合さんの考えがある程度理解できました。


10年後減る仕事
1.エンジニア
p84 エンジニアとディベロッパーの違いを考えてみよう
今はコード1行いれるだけで、決済システムを導入できるようになっていることを踏まえれば、作りたいアプリケーションがあれば素人でも作れてしまう。また、機械学習で「フィードバックループ(エラーと改善を繰り返して正常な動作をさせること)」ができるようになれば、機械や回路も誰でも作れるようになる可能性を秘めています。本書に、このような記述がありますが、これからは作りたいアプリケーションと製作段階をプロデュースできる人がエンジニアとして生き残っていくように思います。


10年後減る仕事
2.弁護士
p86 裁判の判決を下すコードを作り判例の理由を学習させると、過去の判例に対して正答率が8割超だった。たった1時間ぐらいで作ったものですらこれほどの成果をあげる。
過去の判断、事実に基づいて、判断するのはディープラーニングの得意なことでしょう。もしかすると法律関係以外でも、過去の論文や特許から新規性を見つけるのも機械の方が得意かもしれない。言い換えれば、過去の資料を漁る作業は、もうしなくてよくなる日が来るかもしれないですね。 


10年後減る仕事
3.研究者
AIが人間の代わりに研究チームのマネジメントをする可能性ある(中略)ただ研究するだけじゃなく、それをいかに社会に還元していくかを考え、自ら資金調達できる研究者が望まれる。
これは本書を読んで衝撃でした。高度な知能を使う「研究」は人工知能に絶対代替されないだろうと思っていましたが、よく読んでみると、AIが研究するというより、今の研究者の活動に無駄が多いということだろう。過去の文献からどんな新規性があって、どんなデータが得られると良いかはAIがマネジメントするようになり、さらに文章も書くようになるかもしれない。また本書には
p69 l4 「研究」のルーツも、古代ローマかギリシャの貴族層が余暇時間をつぶすためにはじめたことにある。ほかにも音楽など、貴族が考えることは大体が遊びを元にするアートの追求だ。

と書いてあるように研究は昔の貴族の遊びだったみたいなので本質的な部分は残る一方で、それを職にするのが難しくなっているのかもしれません。




10年後減る仕事
4.ドライバー(運転手)
p106 自動運転は、「自動で動く車」とは、まったく違うロジックといえる。(中略)「パッセンジャーエコノミー」として注目を集めている。
本書にこう書いてある通り、自動運転によって、ドライバが減っていくのはもちろん、それによって車の形や、車の用途も変わってくる可能性もあると思います。パッセンジャーエコノミーって言葉は初めて知りましたが、移動中がオフィスになったり、娯楽スペースになったりすることで、「移動する感覚」が減っていき、さらに世界は狭くなっていくのかもしれないですね。


10年後減る仕事
5.書店
本屋は場所に制約があるため、もはやAmazonに立ち向かうことは難しいことを考えると、10年後仕事がなくなっているかもしれないことは容易に想像がつくだろう。しかし本書では、
p112 「リアルな場」である強み 
と書いてあり、AmazonなどのECサービスによって本屋の売上は下がっているけれど、例えば東京駅構内にある、本屋と飲食店を組み合わせた店などのように、本屋 × ○○が現れていくと思われます。読み聞かせ会や講演会などなど、近い将来、本屋は本を売る場所でなくなっているかもしれない。


10年後減る仕事
6.編集・校正
p116 校正や文字起こしは機械
僕も取材コンテンツを掲載している身として、文字起こしを機械で行って作業の効率化を図りたいが、今はまだ精度がよくないため、機械化できていない。AIプログラミングを学んで、自分の声と話し方を学習させれば、精度がかなり上がりそうな気もするので、いつかチャレンジしてみたい。


次回は、「10年後増える仕事」をピックアップしたいと思います
「10年後の仕事図鑑」が気になる方は10年後の仕事図鑑を読んでみてくださいね


ケンフィー

「人の役に立ちたい」「人をわくわくさせたい」という想いを持ち、研究活動の傍らオウンドメディアとなる「KENFEE.COM」を立ち上げ、オンラインコンテンツを提供したり、ダブルダッチやイベント企画など多様なことに取り組んでいる。

↓僕のすべてがここに↓
https://pomu.me/kenfee_official/

プロフィール:https://kenfee.com/profile.html
プロジェクト:https://kenfee.com.project/

毎日をもっと楽しく今を全力で

毎日を楽しくするバラエティブログ。 ジャンルはオールフリーで、新サービスや新機能を使ってみた感想や、映画やドラマで僕が感じたこと(レビュー)、日常を過ごす中で感じたことなどを書いていきます。毎日更新は厳しいかもしれませんが、よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000