ついに本格的に動き始めたGoogle Pay

昨日、Google Payのアップデートがあり、アプリの名前が「Google Pay - これからのおサイフ by Google」に変わっていて、不思議に思って調べてみると、
Google PayにSuicaとWAONが対応!今夏にはQUIC Payにも対応予定!!
というニュースがたくさん出てきました。

個人的には、「ついに本格的に動き始めた」と感じています。というのも、Apple Payは、Suica、iD、QUIC Payに対応させてリリースし、Apple Payに登録できるクレジットカードの銘柄や特典を拡充させていましたが、Google PayがSuicaやQUIC Payに対応すると、Google Payの方がより多くの決済手段をカバーすることになります。QUIC Payが対応したGoogle Payがカバーする決済手段は、楽天Edy・モバイルnanaco・モバイルSuica・モバイルWAON・QUIC Payとなります。さらには、Google PayではTポイントカードやdポイントカードもまとめることができます。

早速、モバイルSuicaをGoogle Pay上で新規登録してみました。

国内の半数がiPhone勢で、Android端末の中でもFelicaが使えるのが一部なので、Google PayはApple Payと比べて、シェアは取れないと思います。ただ、これまでのおサイフケータイの問題点であった、機種変更時の手続きの面倒さをクリアできれば、iPhoneからハイスペックAndroid端末への乗り換えも増えるのではないかと思います。理想的には、GoogleアカウントにFelica情報が紐づけられて、旧端末で新しい端末のFelica情報を取得して、シームレスに乗り換えができれば最高です!!

最後になりますが、今回のアップデートで、Webサイト上で「Google Payで支払う」という決済方法を導入することができるみたいです。Apple PayGoogle PayPay ID・・・ますます電子決済が手軽に導入できるようになって、お金の流れがなめらかになっていくのかもしれないですね。



0コメント

  • 1000 / 1000