しるし書店に出品してみました

皆さんは「しるし書店」というサービスをご存知でしょうか?

「しるし書店」とは、西野亮廣さんが手掛けたサービスで、出品者の視点を売買できるネット上の古本屋です。本を読む時に、共感したページの端を折る、共感した部分をマークアップするなどのしるしを入れて、どういう観点からしるしを入れたのか説明して、それに共感した人が「しるし本」を買うという仕組みになっています。
著名人でなくても、例えば喫茶店を経営している知り合いが店を経ちあげるときに読んで参考になった本とか、いつも帰り道に路上ライブしているのを見かけるアーティストが曲作りの参考になった小説とか、唯一無二の本が「しるし書店」にはたくさん流通しています。

僕も先週あたりにまとめて7冊程度出品してみました。僕の《しるし》が何なのか、綴っていこうと思います。
まず少し前から、本を読みながらマーカーを引き、Evernoteに感じたことをまとめていて、そのEvernoteに書いたことをブログにブラッシュアップしています。

↓よければ是非書評ブログをご覧ください↓

僕が本の中で付けた《しるし》は、この書評ブログと連動しています。つまり、僕のしるし本を読む途中にマークアップがあれば、書評ブログを見ると、僕がその時何を考えたのか知ることができます。

納得出来ることなら共感してもらい、納得できなくても書評は読み飛ばしてもらえれば、それで大丈夫です。

そんな僕の出品がこちら!

□さよならインターネット(家入一真著)
□夢を叶える打出の小槌(堀江貴文著)
□なめらかなお金がめぐる社会(家入一真著)
□むだ死にしない技術(堀江貴文著)
■革命のファンファーレ(西野亮廣著)
■10年後の仕事図鑑(堀江貴文×落合陽一著)
■SNSで夢を叶える(菅本裕子著)

(■:マーカー+付箋+書評ブログあり)
(□:書評ブログだけあり)

しるし書店で購入希望される方は、
まずは書評ブログだけでも読んでください。

書評ブログを読んだ上で、僕の《しるし》入り本を買いたい人がいれば、しるし書店のアプリより購入希望を表明し、DMにて話を聞かせてください。

僕のしるし本はこれから増えていく予定なので、書評ブログやしるし書店でチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

↓僕のしるし書店は以下から↓

追伸
つい2〜3日前に「どの仕事がなくなるの?!今、知っておくべき仕事事情が詰まった1冊!!」(10年後の仕事図鑑)が売り切れました。

ケンフィー

「人の役に立ちたい」「人をわくわくさせたい」という想いを持ち、研究活動の傍らオウンドメディアとなる「KENFEE.COM」を立ち上げ、オンラインコンテンツを提供したり、ダブルダッチやイベント企画など多様なことに取り組んでいる。

↓僕のすべてがここに↓
https://pomu.me/kenfee_official/

プロフィール:https://kenfee.com/profile.html
プロジェクト:https://kenfee.com.project/

毎日をもっと楽しく今を全力で

毎日を楽しくするバラエティブログ。 ジャンルはオールフリーで、新サービスや新機能を使ってみた感想や、映画やドラマで僕が感じたこと(レビュー)、日常を過ごす中で感じたことなどを書いていきます。毎日更新は厳しいかもしれませんが、よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000