2015年6月~2016年5月のブログ
http://kenfee.webcrow.jp/blog/archive.html
2015年6月~2016年9月のブログ
http://ameblo.jp/kenfee-jp/entrylist.html

カテゴリ:

土曜日の夜に嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」が放送されていますが、教育改革の一環として取り入れた「アクティブラーニング」を行った初日に生徒から「数学ってなぜ学ぶんですか?会社で二次関数とか使わないですよね。」という質問があり、これを機に数学・英語・理科・社会・国語の全教科の学ぶ意義について考えてみたので綴ることにしました。今回は英語偏。


少子高齢化による労働人口と消費人口の減少

これから日本はますます少子高齢化が進みます。これは悪いことでなく、発展を遂げた国では人口が減っていくのは当然の流れです。ヨーロッパ諸国を見ればわかるでしょう。紀元前数千年前から文明として世界で最も栄えてきましたが、今はどの国も人口が数千万人と、世界の中で人口割合は少なくなっています。もともと人口が増えるのは発展しているときです。1か月先や1年先にはもっと発展して豊かになっている保障があり、また発展に必要な労働力として人口が増えてきました。しかし、これからはヨーロッパと同じく、日本も緩やかな人口減少を迎えることになります。すると、労働力を補うために外国人も採用せざるを得なくなり、消費人口を求めて海外進出することが当たり前のようになります。


隣に外国人がいるという現実も遠くない

海外進出する際に外国に派遣される場合だけでなく、国内にいても労働力不足のため外国人労働者が増えるでしょう。いずれにせよ、ほとんどの人は外国人と働くということになります。東京などでは外国人が多く、隣に外国人がいるというのも当たり前の光景になっていますが、それが全国的に広まってくると思われます。そうなると、日本語だけ話せてもコミュニケーションが取れなくなってくるでしょう。英語を使って発信する、あるいは英語を聞き取って理解することが必要になってきます。将来、そのような状況が来ても困らないために、英語の学習は欠かさずやっておきたいですね。

カテゴリ:

土曜日の夜に嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」が放送されていますが、教育改革の一環として取り入れた「アクティブラーニング」を行った初日に生徒から「数学ってなぜ学ぶんですか?会社で二次関数とか使わないですよね。」という質問があり、これを機に数学・英語・理科・社会・国語の全教科の学ぶ意義について考えてみたので綴ることにしました。今回は数学編。


社会では数字で示さないと相手にされない

たとえアイデアがいいと主張しても、数字が伴わなければ誰も聞く耳を持ってくれないし、期日・予算・効果・利益などの数値に説得性がなければ意見は通りません。また逆に、いろんな誘いを受けたときに、これは信用できるのかどうかを見極めるひとつの基準として、数値に論理性があるかどうかを見極めなければならないでしょう。数字は社会全体で共有している評価基準です。この評価の仕方が、数値を論理的に導出するという「数学的なプロセス」にあります。評価の仕方が分からなければ、上司や顧客に対して説得力のある数値を示すことはできないし、逆に詐欺のような誘いに乗って損してしまう。また数値を論理的に導出するというのは、別の言い方をすると、正しい判断をするということになるでしょう。


関数やグラフ、方程式は判断力を養うための訓練

理系に進めば関数や方程式を使って研究活動する人や、研究開発職に就いた人は数学的知識が必須です。ただ、その場合でもシンプルな関数の問題や方程式の問題は現れません。数学の授業を通じて、「思考して答えを導く」プロセスを身につける必要がありますが、これは理系に限ったことではありません。「試行して答えを導く」というのは、「数値を論理的に導出する」訓練になっているのです。

普段の数学の授業や数学的な問題を解く際に「試行して答えを導く」ということを意識してみると、社会に出た時に「あっ数学が活きてる」と実感できるのはないでしょうか。



カテゴリ:

先日10月初旬より、モバイルTカードがAndroid Payに加わりました。わざわざモバイルTカードアプリをインストールしなくてもいいので、すごく便利です。また、今回のモバイルTカード追加により、Android Payで扱えるカードの種類は以下のようになりました。


・楽天Edy
・nanaco
・Rポイント
・マツモトキヨシポイント
・dポイント
・Tポイント


Rポイント、dポイント、Tポイントは日本国内でカバー率の高いポイントサービスなので、これらがスマートフォンで提示できるのは大変便利です。また、ポイントカード類は機種変更した場合、旧端末のAndroid Pay上で削除して、新しい端末のAndroid Pay上で再登録すればいいだけなので、機種変更しても面倒な手続きはありません。ちなみに楽天Edyとnanacoは、機種変更の手続き時には、専用アプリが必要みたいなので、そこが少し面倒になると思います。



Rポイントの利用可能店舗
くら寿司・マクドナルド・ミスタードーナツ・カフェ&バーPRONTO・温野菜・ポプラ・大丸・ジョーシン・各種楽天サービス・楽天Edy 他


dポイントの利用可能店舗
ローソン・マクドナルド・東急ハンズ・タワーレコード・高島屋・AOKI・サンマルクカフェ・丸亀製麺・イオンシネマ 他


Tポイントの利用可能店舗
ファミリーマート・サークルKサンクス・カメラのキタムラ・すかいらーくグループ(ガスト・バーミヤン・ジョナサンなど)・洋服の青山・TSUTAYA関連・Yahoo!Japan関連 他




セブンイレブンやデイリーヤマザキ以外のほとんどのコンビニを網羅していることが分かります。セブンイレブンもAndroid Payのnanacoを使えば、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンでポイントを貯めることができます。また、楽天Edyを使えばこれらのコンビニで決済できるので、コンビニで物を買う際にはAndroid Payで十分だといえるでしょう。

あと、Android PayのポイントカードをAndroid wearで表示する機能が付いてほしいです。というのも、現在StocardというアプリでポイントカードをSonyのスマートウォッチ上で表示させて使っているのですが、これがかなり便利で、Android Payにもこの機能があったらなぁと思っています。ただスマートウォッチでポイントカードを提示する人が少なく、50%の確率で店員から「それ(腕時計)でできるんですか?!」と驚かれます。

Androidユーザーの方は、Android PayでRポイント・dポイント・Tポイントを利用してみてはいかがでしょうか?



このページのトップヘ

見出し画像
×