2015年6月~2016年5月のブログ
http://kenfee.webcrow.jp/blog/archive.html
2015年6月~2016年9月のブログ
http://ameblo.jp/kenfee-jp/entrylist.html

カテゴリ:

8月26日に「旅に出ます」と言ってから、3週間が経ちます。旅自体は1週間でしたが、その後ブログを更新するのを怠り、今に至ります。ちょうど1か月前の8月13日に、ブログで「毎日更新していきます」と言いながらも、旅から帰ってきたあとの2週間ブログの更新ができず、申し訳ございませんでした。

関連記事


今回は、旅の様子を近況報告的な感じでコンパクトにまとめてお伝えしていこうと思います。


8月27日(日)
夜行バスで朝、横浜に到着。午前中に24時間テレビの横浜会場に立ち寄り、チャリTシャツを購入。その後、Double Dutch Delight East 2017を観戦しに、川崎市教育文化会館へ。13時開演で20時頃終わり、川崎駅へ向かい、電車で移動。桜木町駅で降りると、「つまらない恋物語なんてない」をコンセプトに活動しているオオモリヨウヘイさんの路上ライブに遭遇し、1曲聞いていくことに。その後、万葉倶楽部に行き、温泉で疲れを落として、翌朝を迎える。


8月28日(月)⇒9月1日(金)
朝、10時に万葉倶楽部を出て、羽田空港へ。昼前に到着し、喫茶店で発表資料の修正。その後、15時頃に研究室のみんなと合流し、17時30分のフライトで函館へ。8月29日~31日まで学会があり、しばらく函館で過ごす。

関連記事



9月1日(金)
13時頃みんなと別れて、函館から札幌へ。特急スーパー北斗で4時間を経て、札幌で活動している「NorthRopes」と出逢い、2時間程フリーロープ。その後、北海道ダブルダッチ協会の方の家に泊めてもらい、1日が終了。


9月2日(土)
午前中、札幌市内でダブルダッチをやっているファミリーの方々の練習場所へ。その後19時頃、札幌駅へ向かい、翌日Double Dutch Delight Northに出場される「さっぽろーぷす」の方々と、一晩かけて苫小牧港からフェリーで八戸港に移動。


9月3日(日)
朝、八戸港(青森県)に到着し、東北新幹線で盛岡へ。Double Dutch Delight North 2017を観戦したあと、すぐに東京へ向かう。なんとか21時東京発の夜行バスに乗り、帰路に立ち、1週間の旅も幕を閉じたのだった。



今回の旅で感じたことを少しでもカタチにしていけるよう、頑張っていこうと思います!カタチになれば、このブログで発信していく予定なので、楽しみにしていてください。



■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる






カテゴリ:

突然ですが、
しばらく旅に出ます。

というのも、

3年間、

今の環境を離れて自分を磨いてこようと思い、
旅に出ることを決断しました。



ってのは冗談です(笑)



3年間は盛り過ぎました。

1週間近く、東京や北海道のほうに行っています。

その期間、ブログはお休みします。
旅先でもブログを更新しようと思ったのですが、
旅先ではいろいろやることも多く、
今後のネタを集めてこようかと思っています。

なので、1週間近くブログをお休みさせてください。

それじゃあ、行ってきます!!


トリガールの試写会に呼ばれたので見てきました。

カテゴリ:

試写会にあたったあと、その日に用事があったのですが、先週ぐらいにキャンセルになって試写会に行ってきました。755に投稿したように、本当に試写会がなければこの作品に出逢うことはなかったと思います。トリガールを見て、毎年テレビとかでも中継される鳥人間コンテストにも興味が沸いてきました。試写会の抽選にあたり、予定がキャンセルになったのは、この作品に出逢って、鳥人間コンテストがなぜあんなに注目されるのかに気づかせてくれるために起こったんだと思います。

ネタバレになるので、ストーリーの内容には触れませんが、笑いあり!涙あり!大学生の青春物語でした。コロコロチキチキペッパーズのナダリの役柄も面白いので、見どころのひとつです。また、劇中歌やエンディングで流れた曲は、一度はどこかで聞いたことのある曲なので、より楽しめるのではないでしょうか。

鳥人間について一切興味がありませんでしたが、この映画を見て、風を感じたり、大空を羽ばたいたりするのが、ロマンチックなことなんだなぁと興味がわいてきました。見ていて、風が感じられる作品となっていて、見終わったあと、自転車で帰る途中、すごく風が心地よかったです。すごく気持ちの良い風を感じられました。


大学生の青春を描き、笑いあり涙ありの「トリガール」は9月1日ロードショーです。


皆さんも映画館で風を感じてみませんか?


■□■□■□■□■□■□■


●ご案内
ケンフィーって誰?
僕の講義ノートを公開中


●僕が出逢った十人十色
NPO法人とりのす代表理事 井口陽平氏


●僕が読んだ本(書評)
堀江貴文著「すべての教育は洗脳である」
為末大著「諦める力」
堀江貴文著「むだ死にしない技術」
堀江貴文著「夢を叶える打ち出の小槌」
家入一真著「さよならインターネット」


●LINEで読者になる







このページのトップヘ

見出し画像
×